logo

◎見本市バイヤーに便利なIDカード ジュエリーフェアのUBM Asia

UBM Asia Ltd 2013年07月25日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎見本市バイヤーに便利なIDカード ジュエリーフェアのUBM Asia

AsiaNet 53788
共同JBN 0872 (2013.7.25)

【香港2013年7月24日PRN=共同JBN】世界最高のジュエリーフェアを開催するUBM AsiaのJewellery Group(www.jewellerynetasia.com)は24日、同社のトレード・バイヤーIDカードを取得すれば、UBM Asiaのすべてのジュエリーフェアやファッションジュエリー&アクセサリーフェアに事前登録なしで自由に入場できると発表した。こうしたフェアは中国本土やドイツ、インド、日本、シンガポール、トルコ、香港、台湾で開かれている。

    (写真: リンク
    (ロゴ: リンク
    (ロゴ: リンク

トレード・バイヤーIDカードは、UBM Asiaが香港や中国本土で開くジュエリーフェアを登録段階から気軽に楽しめるよう、2012年6月に導入された。これが大成功となり、ジュエリーバイヤーに好評だったため、UBM Asiaはすべてのトレード・バイヤーIDカード保有者が世界中のジュエリーフェアに直接入場できることにした。ジュエリーフェアのたびに入場証を申請する代わりに、ビジターは行きたいフェアでトレード・バイヤーIDカードを提示するだけで、会場へ入場できる。現時点でトレード・バイヤーIDカードを取得している人は、92カ国・地域で1万人を超える。

入場証をまだ更新していないビジターは、本人が身元を証明する文書を持って、アジア・ワールド・エキスポか、2013年9月の香港ジュエリー&ジェムフェアの開催期間中なら香港コンベンション&エキシビションセンターのそれぞれのトレード・バイヤーIDカード・サービス・カウンターに出向くだけでよい。トレード・バイヤーIDカードの有効期限は2015年12月まで。

UBM Asiaのウォルフラム・ディーナー上級副社長は「トレード・バイヤーIDカード制度を向上させたことで、バイヤーは楽にすぐ入場できるようになった。ビジターがフェアを便利に、かつスムーズに体験する上で、これは大きな前進である」と述べた。

▽ジュエリーバイヤーからのコメント

タイの宝石輸出入会社Saket Interのアサビン・ネットサワン氏は「ジューンフェア(June
Fair)に初めて参加したが、全体のアレンジには感心した。特にトレード・バイヤーIDカードは素晴らしいアイデアだ。参加したいUBM Asiaのジュエリーフェアにいちいち登録する必要がないので、大幅な時間節約になる」と評価した。

マレーシアの宝石卸商Gem Minesのシャジャハン氏は「ジューンフェアには何度も行って、ダイヤモンドや宝石、高級宝飾品を仕入れている。出展される製品は高品質で、価格も非常に安い。私のようなビジターにはトレード・バイヤーIDカードは便利なので、気に入っている」と語った。

ロシアのTrade House Jewelleryのニナ・A・ポドゴルナヤ氏は「トレード・バイヤーIDカードはすごく良いアイデアで、UBM Asiaが開くジュエリーフェアを訪れるバイヤーは増えるだろう。ジューンフェアに来たのは10回目だが、選べる製品の種類は毎年増えている」と話した。

(編集者注)

1.UBM Asiaのジュエリーフェア(www.jewellerynetasia.com)について
UBM Asiaは世界で最も専門的な国際ジュエリーフェアの開催者として、世界にジュエリー取引の機会を提供している。UBM Asiaのジュエリーフェアには世界中から10万人以上のバイヤーや、9500社以上の出展企業が集まる。9月の香港ジュエリー&ジェムフェアは出展企業が3500社以上、ビジターは約5万2000人で、高級宝飾品の見本市としては世界一。ジューンフェアは年央に開かれるジュエリーフェアとしてはアジア最大。このほかUBM Asiaがジュエリーフェアを開いているのは、中国では深セン、杭州、上海、インドではチェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ。このほか日本、トルコのイスタンブール、シンガポール、台湾、ドイツのフライブルク、ロシアのモスクワとサンクトペテルスブルクでも開いている。

2.UBM Asia(www.ubmasia.com)について
UBM Asiaは、ロンドン証券取引所(LSE)に上場しているマルチメディア企業のUBMの傘下にある。

UBM Asiaは見本市開催者としてはアジア最大、中国本土とインド、マレーシアでは民間見本市開催者としては最大手。香港に本社があり、アジア各地と米国に子会社を置く。主要18都市に強力な足場があり、30オフィス、1200人以上のスタッフを抱える。事業実績は30年以上。活発に交流する見本市の開催は19業種、160件に及び、ハイレベルの専門家会議は75件、貿易出版は28件、24時間のインターネットサービスやバーチャルイベントは18件で、世界中の優良出展者やビジター、会議代表者、広告主、定期購読者の100万人以上に貢献。高い価値の企業斡旋や、質の高い市場ニュース、オンライン取引ネットワークの多角的なワンストップサービスを提供している。UBM Asiaは世界で最も急速にB2B市場が拡大している中国と東南アジア、インドに幅広い企業ネットワークを持つ。UBM Chinaは中国本土の北京、上海、広州、杭州、成都、深センなどに11オフィスがあり、60以上の見本市や会議を開いている。東南アジア諸国連合(ASEAN)でUBM Asiaはマレーシア、タイ、インドネシア、シンガポール、ベトナム、フィリピンにオフィスがあり、50以上のイベントを主催。UBM Indiaはムンバイ、ニューデリー、バンガロール、チェンナイ、ハイデラバードに事務所があり、毎年20件の見本市と60件の会議を開催している。

▽報道関係問い合わせ先
Wendy Pang
Senior Marketing Communications Manager
Jewellery Fairs, UBM Asia
Tel: +852-2516-2135  Fax: +852-3749-7318
Email: wendy.pang@ubm.com

ソース:UBM Asia Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事