logo

『週刊ファミ通』、“Newsstand”にて電子版の定期購読サービスを開始

株式会社KADOKAWA 2013年07月25日 12時07分
From PR TIMES

株式会社エンターブレイン

TVゲーム総合情報誌『週刊ファミ通』は、Apple社の電子媒体配信システム“Newsstand”にて、7月25日より電子版の定期購読サービスを開始しました。



TVゲーム総合情報誌『週刊ファミ通』(エンターブレイン、本社:東京都千代田区、社長:浜村弘一)は、Apple社が提供するiOS端末向け電子媒体配信システム “Newsstand”にて、本日7月25日より電子版の定期購読サービスを開始いたしました。販売価格は1ヶ月1,300円コースをはじめ4プランを設定し、本誌発売日と同じく毎週木曜日に最新号を配信いたします。

国内唯一の週刊ゲーム情報誌である『週刊ファミ通』は、2011年10月より角川グループ直営電子書店「BOOK☆WALKER」にて電子版配信を行なっており、毎号、売上ランキングで常に上位に入るなど、多くのユーザーを獲得しています。
このたび、さらなる電子版の普及と、読者ニーズの高かった定期購読サービス提供のため、Apple社の電子媒体配信システム“Newsstand”での配信をスタートいたしました。“Newsstand”は、iOS5以上を搭載したiPhoneやiPad等で新聞・雑誌の定期購読ができるシステムで、紙版の『週刊ファミ通』と同じ毎週木曜日に最新号を配信します※1。発売日の午前0時以降、WiFi接続環境にいれば自動的に最新号がダウンロードされるため、ユーザーは手間や待ち時間をかけることなく、スムーズにダウンロードした雑誌を閲覧することが可能です。販売価格は1,300円(1ヶ月)、3,600円(3ヶ月)、6,500円(6ヶ月)、11,500円(12ヶ月)の4コースで、契約期間の長さに応じて割安な価格設定となっています。またいずれのコースでも本誌定価(380円)より手頃な価格で購入いただけます※2。購入したバックナンバーは、“Newsstand”内にある『週刊ファミ通』本棚からいつでも閲覧することができます。
“Newsstand”での今後の展開として、単号単位での購入機能の追加や、別冊等の発売にも対応していく予定です。

ファミ通グループでは、今後もゲーム業界の変化やユーザーニーズに対応し、電子出版をはじめ利便性の高い情報提供サービスを行なってまいります。


※1:DVDやシリアルコードクーポン等、一部付録は収録されません
※2:1ヶ月あたり4冊以上刊行された場合


『週刊ファミ通』Newsstand版 概要
名 称  :『週刊ファミ通』
開始日 :2013年7月25日(木)
配信日 :毎週木曜日(「週刊ファミ通」本誌発売週のみ)
販売価格:1,300円(1ヶ月)、3,600円(3ヶ月)、6,500円(6ヶ月)、11,500円(12ヶ月)
対応機種:iOS 5.0以上を搭載したiPhone、iPod touch、iPad、iPad mini(2013年7月25日時点)
利用方法:AppStore>Newsstand>“すべてのNewsStand”又は“エンターテインメント”カテゴリーから「週刊ファミ通」を選択、あるいはAppStore>「週刊ファミ通」で検索
U R L   :リンク


iPhone/iPod touch/iPadは、Apple Inc.の商標です。


「ファミ通」について
ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイト、ゲームバラエティ番組「ファミ通LIVE」など、様々なゲーム情報サービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、5月31日に「ファミ通ゲーム白書2013」を発刊するなど、ゲームマーケティングサービスも行なっています。

リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事