logo

ASEAN各国と日本を巡回するASEAN-Japan「Drums&Voices」Concert Tour 実施

独立行政法人国際交流基金 2013年07月24日 21時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月24日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

日・ASEAN友好協力40周年記念
アジアの鼓動が響きあう!ここから生まれる新しい音楽
“Drums&Voices” Concert Tour
今秋 ASEAN6カ国を巡回、フィナーレは東京で

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2013年10~11月、12月にわたり、ASEAN各国と日本を巡回するASEAN-Japan「Drums&Voices」Concert Tour を実施します。
同事業は、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、タイ、ラオス、ブルネイ、日本の7ヵ国、12人の伝統音楽演奏家による公演団を結成し、本公演の曲作りのための共同ワークショップをタイ(6-7月)及びベトナム(8-9月)で計4週間行うとともに、参加各国を巡回するASEANツアーを2013年10~11月に実施し、その後、12月18日(水)渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて、フィナーレ公演を行います。
日本からは和太鼓奏者、堀つばさ(元太鼓芸能集団「鼓童」)が参加、さらに、音楽監督には数々の映画・アニメ・テレビ音楽の作・編曲で名高い、作曲家・大島ミチルを迎えます。本事業を通して新しい音楽を共に作り出し相互信頼感の醸成を図るとともに、音楽を通じたASEAN諸国との協働・共生をアピールします。個性あふれるアーティストたちのぶつかり合いによって生まれるパフォーマンスは必見です。

<公演日程・会場(予定)>
※演者・会場の状況により、今後日程・会場を調整する可能性があります。
(1)ハノイ(ベトナム)10月17日(木)、18日(金) 会場:オーコー劇場
(2)プノンペン(カンボジア)10月22日(火)、23日(水) 会場:国立チャトモック劇場
(3)ネーピードー(ミャンマー)10月25日(金) 会場:ミャンマー国際会議センター/ヤンゴン(ミャンマー)10月27日(日)会場:国立劇場
(4)バンコク(タイ)11月1日(金) 会場:国立劇場
(5)ビエンチャン(ラオス)11月4日(月)、5日(火) 会場:11/4 国立文化会館、11/5 調整中
(6)バンダルスリブガワン(ブルネイ、但しブルネイ・日本からのアーティストのみ参加)11月23日(土) 会場:ジュルドンインターナショナルスクール内劇場
(7)東京(日本)12月18日(水) 会場:Bunkamuraオーチャードホール
  【東京公演概要】
   会場・日程:Bunkamuraオーチャードホール 2013年12月18日(水) 19:00開演
   チケット:全席指定¥5,000[一斉発売2013年9月8日(日) ]
   主催:国際交流基金/Bunkamura

<出演>
日本:堀つばさ(和太鼓、唄)、ベトナム:ミン・チー(太鼓)、マイ・リエン(唄、トロン、太鼓)、カンボジア:ヴタ、チャンナ(チャイヤム他)、ミャンマー:アカダミ・ミャンマーピ・チャウ・セイン、トュ・レイン(パット・ワイン他)、タイ:トサポーン・タサナ(ラナート他)、クリス・ラブイズ(唄)、ラオス:プサヴォン・サクダ、セントン・ブッサディ(太鼓、ケーン他)、ブルネイ:ユスリ(レバナ他)
*出演者はプレスリリース発出時のものです。出演者の病気や怪我等、やむを得ない事情で変更となる場合があります。

■音楽監督 大島ミチル(作曲家)
国立音楽大学作曲科卒業。在学中から作、編曲家としての活動を始め、映画音楽、CM音楽、TV番組音楽、アニメーション音楽、施設音楽など様々な分野で活躍。52回、第67回の毎日映画コンクール音楽賞受賞、 第21回、第24回、第26回、第27回、第29回、第30回の日本アカデミー優秀音楽賞、第31回の日本アカデミー最優秀音楽賞を受賞。他にも2006年アニメーション・オブ・ザ・イヤー音楽賞受賞、ジャクソンホール映画祭(アメリカ)ベスト映画作曲賞等受賞多数。フランスと日本にて「For The East」CDも発売中。また吉永小百合さんの原爆詩の朗読の音楽も担当。代表作品として、大河ドラマ「天地人」、映画「ゴジラ対メガギラス」、映画「明日の記憶」、アニメ「鋼の錬金術師」など。
公式サイト リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事