logo

那覇市の中心市街地に無料Wi-Fi、AR(拡張現実)利用アプリやポータルサイトを提供

~ARを連携させた宝探し・写真撮影・口コミ、4カ国語対応のユーザーサポート~

株式会社ガイアックスの100%子会社である株式会社GaiaX Interactive Solutionsは、平成 24 年10月1日に公示された平成24年度国際通りを中心とした那覇市中心市街地ICT 利活用モデル事業「WiFi 化計画」企画提案を、企業コンソーシアムの一員として受託し、今年8月4日から那覇市より主要観光スポット中心に誰でも無料で使える公衆無線LANサービスの提供を開始します。



株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)の100%子会社である株式会社GaiaX Interactive Solutions(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:江戸浩樹、以下、GIS)は、平成 24 年10月1日に公示された平成24年度国際通りを中心とした那覇市中心市街地ICT 利活用モデル事業「WiFi 化計画」企画提案を、沖縄インターマップ株式会社を代表幹事とした企業コンソーシアムの一員として受託し、今年8月4日から那覇市より主要観光スポット中心に誰でも無料で使える公衆無線LANサービスの提供を開始します。

この公衆無線LANサービスの開始にあわせ、GPSと連動した那覇市内の店舗情報等を提供するポータルサイト「NAHAPO(なはぽ)」(リンク)を開設。AR(拡張現実※1)を利用したスマートフォンアプリ、GPS連動情報案内の提供を開始します。GISは、この事業の総合プロジェクトマネジメントを担当し、企画からプロモーションまでを行い、インターネットの利便性向上、地域活性化を目指します。

※1 AR: Augmented Reality の略。拡張現実。ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を重ねて表示することで、より便利な情報を提供する技術。スマートフォンの普及により、AR技術を利用した多数のアプリが開発されている。

● コンテンツ強化で、Wi-Fi無償提供の継続展開の課題を解決
近年、各地方都市では、外国人観光客の誘致を目的として、無料Wi-Fiスポットの提供が増えてきていますが、コンテンツ不足、プロモーション不足などの理由から、十分に活用されず、地域に根付いた継続的な展開が厳しいとの指摘が多くあります。
GISでは、ケーブルテレビ局のネットワークを軸にしたWi-Fiネットワーク構築だけでなく、ARを利用したスマートフォンアプリの提供、店舗ポータルの開設など、充実したコンテンツを用意し、総合的なプロモーションを行います。


● 那覇市の主要観光スポットに115箇所の無料公衆無線LAN
地元企業である沖縄ケーブルネットワークのバックボーンを活用し、国際通りを中心に市内115箇所に無料公衆無線LANを整備。那覇市全域を網羅した安定したネットワークを提供します。アクセスポイントは観光客を意識し、通りの歩行者が利便性向上に繋げられるように設置しています。


● AR(拡張現実)を活用した口コミレビュー、記念写真撮影、宝探し
国際通りを中心とした店舗情報を提供する観光情報ポータルサイト「NAHAPO(なはぽ)」を開設。また、AR機能を使い、アプリでその観光地の写真スポットを映すと観光地レビューのつぶやきがポップアップ表示され「ARメッセージウォール」、2頭のうふ(大きな)シーサーと一緒に写真が撮れる「AR記念写真」、マブヤーが登場する「AR宝さがしゲーム」を提供します。なお、レビューの投稿は弊社が常時モニタリングしております。


● 各サービスとユーザーサポートは4ヶ国語対応
各サービスは日本語、英語、韓国語、中国語(簡体及び繁体)の4ヶ国語に対応するとともに、電話、メールでのユーザーサポートを提供します。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
那覇市の中心市街地Wi-Fi化計画 概要
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(1) 外国人観光客の日本へのニーズは公衆無線LANの整備
スマートフォンやタブレット端末の普及により、屋外でインターネットを利用する機会が増えています。また、近隣諸国の香港や韓国では、公共施設以外のフリーWi-Fiスポットが充実していますが、日本ではまだまだ整備がされていません。
実際、外国人旅行者が日本への旅行中に困ったことのトップが、「無料公衆無線LAN環境」です。地方都市が活性化し、外国人観光客を誘致するためには、Wi-Fiスポット整備が必要不可欠です。


(2) ガイアックス、GISとしての狙い
ガイアックスでは、これまで福岡・仙台に子会社を設立し、GISも沖縄に構えるなど、その地域に根ざすことに重点を置き、支社や事業所ではなく子会社として、拠点を増やして参りました。
今回、那覇市の事業に参入することで、地方活性化や、雇用を生み出すだけでなく、地元企業がその地域に定着することに重きを置き、事業を推進してまいります。


(3) 企業コンソーシアムの概要(各社の役割)
【契約取りまとめ兼地図コンテンツ部のアドバイザー】沖縄インターマップ株式会社
【総合プロジェクトマネジメント、プロモーション企画】 株式会社GaiaX Interactive Solutions
【ポータルサイト、ARコンテンツ】 アイウェイズ株式会社、株式会社琉球ネットワークサービス
【公衆無線LANネットワーク】 沖縄ケーブルネットワーク株式会社、伊藤忠ケーブルシステム株式会社


■ 関連URL
那覇市観光情報ポータルサイト「NAHAPO(なはぽ)」 リンク


■ 株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月5日
代表執行役社長:上田祐司
従業員数:165名
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F
事業内容:ソーシャルメディアやソーシャルアプリに関する企画・開発・運営・監視・カスタマーサポート等の業務を提供


■ 株式会社GaiaX Interactive Solutions
設立:2012年7月1日
代表取締役社長:江戸浩樹
本社所在地:沖縄県那覇市久茂地1-7-1 琉球リース総合ビル12階
事業内容:ソーシャルメディアやソーシャルアプリに関する企画・開発・運営・監視・カスタマーサポート等の業務を提供


【お問い合わせ先】
株式会社ガイアックス オンラインマーケティング部 担当:植草
TEL: 03-5759-0334   

株式会社GaiaX Interactive Solutions  担当: 仲間
TEL: 098-869-8555

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事