logo

◎コーネル大学ジョンソン経営大学院がNYCでMBA課程を開始

コーネル大学ジョンソン経営大学院 2013年07月23日 15時08分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎コーネル大学ジョンソン経営大学院がNYCでMBA課程を開始

AsiaNet 53766
共同JBN 0861 (2013.7.23)

【ニューヨーク2013年7月23日PRN=共同JBN】コーネル大学ジョンソン経営大学院は革新を教えるだけでなく、体感させようとしている。経営大学院の最高峰の一つであるジョンソン経営大学院はパフォーマンス・ラーニングやイマージョン・プログラムを初めてMBA教育に取り入れ、南北アメリカの都市で学ぶ学生をつなぐ新技術を展開している。今日、ジョンソン経営大学院は市場の要請に応え、コーネル・ニューヨーク・シティー・テック・キャンパスで新たなMBAプログラムを導入して、スピードと実践を重視した教育環境の中でビジネス、技術、革新、そして起業家精神を融合させる。ジョンソン経営大学院は、世界で最もダイナミックな商業とデジタルビジネスのハブであるニューヨーク市でビジネスと技術を融合させる厳しい1年間のフルタイムMBAプログラムを提供する。

(ロゴ:リンク

コーネル大学ジョンソン経営大学院のソウミトラ・デュッタ学部長は「コーネル・ニューヨーク・シティー・テック・キャンパスのMBA 課程はわれわれにとって経営大学院教育を内容と教授法の両面で革新してきた確固とした伝統を継続するユニークな取り組みだ」として次のように述べた。「われわれが作ろうとしているプログラムは技術がビジネスの仕方を変えてしまったという事実を踏まえたものだ。それは単に現在のMBA課程に技術コースを付け加えるということではなく、デジタル経済のビジネスリーダーに向けた新しい教育・学問経験を開発しようとするものだ」

コーネル・ニューヨーク・シティー・テックのダニエル・P・フッテンロッハー学長は「ジョンソン経営大学院のMBA課程は新たな技術教育のモデルを作り、その技術エコシステムのエネルギー、起業家精神、革新性を直接キャンパスに導入しようとするわれわれの努力の重要な1部だ」と述べた。「経営大学院の学生は技術専攻の学生、教授陣、研究者と一緒に学ぶことから得るものがあるし、キャンパス全体もビジネス専攻の学生のおかげでさらに豊かな視点を得ると思う」

コーネル・ニューヨーク・シティー・テックのMBAプログラムは同大学の持つビジネス、コンピューター、エンジニアリングの最高峰のプログラムを有効に利用できる。さらに同大学には起業精神を鼓舞するコミュニティー、オープンなコラボレーションを促進する物理的な空間、想像力や変化を求めるアイデアを抱擁するキャンパス文化がある。学生はニューヨーク・シティー・テックで成長を遂げる技術エコシステムに浸り、そこで国際的な企業やベンチャー企業と一緒のプロジェクトで働くことになる。学生は基礎的なビジネス課程を習得するが、その主眼点はデジタル経済でビジネス・バリューを創り出すために必要なスキルや専門知識を獲得することにある。課程の中にはデザイン思考、グローバル起業、先行革新、ビッグデータ利用、破壊的技術などが含まれることになる。

コーネル・ニューヨーク・シティー・テックの年間MBA学位プログラムが対象にするのは科学や技術の学位を持っている人、関連のある仕事を持ち自らのビジネス知識を伸ばしたいと思っている人、デジタル経済の中でリーダーになりたいと思っている人だ。学生はニューヨークのイサカ・キャンパスで夏のコースを終えた後、ニューヨーク市の世界的な技術エコシステムの活気に満ちた中心地で学ぶことになる。2014年5月、最初の学年はイサカでプログラムをスタートし、続く2学期はコーネル・ニューヨーク・シティー・テック・キャンパスで過ごすことになる。卒業する2015年5月には学生は技術がビジネスをどう変えているか深い理解を持ち、革新的なビジネスを始め、組織を変革する準備ができているリーダーになっているだろう。

▽コーネル大学ジョンソン経営大学院について
コーネル大学のジョンソン経営大学院はコーネルMBAを取得するための5プログラムを用意しているが、3プログラムはフルタイム、2プログラムは経営幹部用になっている。ジョンソン経営大学院はまた法律、産業・労働関係、エンジニアリング、医学、健康管理、不動産で2重学位、修了証書プログラムを提供している。同校はコラボレーション、イマージョンの手法を駆使した優れた教育を提供しており、学生は学んだものを実際の企業でチャレンジするために応用できる。詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。コーネル・ニューヨーク・シティー・テックのMBA学位取得について詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

▽コーネル・ニューヨーク・シティー・テックについて
コーネル・ニューヨーク・シティー・テックは独特な大学院技術教育モデルを提供しており、それは最新の学問研究の成果に基づき、卓越した技術と実社会の応用、起業とを融合させるものになっている。学生、教授、業界専門家が一緒に学び、働くことで世界に影響を与えるアイデアを生み、新たな起業を行っている。2011年12月、コーネル大学と学問上のパートナーであるイスラエル工科大学はニューヨーク市によってルーズベルト島に世界的な応用科学のキャンパスを作るために選ばれた。現在、同キャンパスはマンハッタンのチェルシー近隣にあるグーグル社のビルの中に置かれている。

コーネル・ニューヨーク・シティー・テックは1月に最初の課程になるコーネル大学コンピューター科学エンジニアリング修士課程を開始した。ジョンソン経営大学院のMBA課程に加え、2014年秋には同校のJacobs Technion-Cornell Innovation Institute(ヤコブ・テクニオン=コーネル・イノベーション・センター)で2年間の学際課程を開始するが、そこではコーネルから一つ、テクニオンから一つと2修士課程を同時に取得することができる。このキャンパスが完成した折には8課程のプログラムが提供される予定である。コーネル・ニューヨーク・シティー・テックに関する詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

ソース:The Johnson School at Cornell University

▽問い合わせ先
Shannon Dortch
/sd63@cornell.edu/
+1-607-255-6417,

Adrienne Nardell
/anardella@coynepr.com/
+1-973-588-2000,

Jovana Rizzo
/jovana@berlinrosen.com/
+1-646-452-5637 (for Cornell NYC Tech)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事