logo

SafeNet、オンプレミス アプリケーションのライセンシングをクラウドで実現



SafeNet、オンプレミス アプリケーションのライセンシングをクラウドで実現

~ Sentinel(R) Cloudは、従量制の課金方法、使用状況分析、仮想化対応など
 多彩な機能をクラウド環境で提供しソフトウェア収益化に変革をもたらす ~


 日本セーフネット株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒匂潔、
以下、SafeNet)は、Sentinel Cloud リンク
機能を強化し、オンプレミスアプリケーション(従来のパッケージ製品)を
サポートすることを本日発表しました。
Sentinel Cloudは、数々の賞に輝くソフトウェアライセンシングおよび
エンタイトルメント管理サービスです。オンプレミスとハイブリッドの
ソフトウェア収益化をクラウドベースで実現するソリューションは業界初
であり、ユーザーの利便性を考えたライセンシング、管理、レポート作成
など多彩な機能を備えます。さらに、ビジネスモデルの刷新や、他の製品
にはない高度な使用状況データ収集機能により、エンドユーザーエクスペリ
エンスの向上とコスト削減に取り組むソフトウェア開発会社をサポートします。

 SafeNetは、サービスとしてのソフトウェア提供やオンプレミスの
インストールなど、さまざまな方法で配布されるソフトウェアの収益化を
クラウドベースのアプローチで実現します。このソリューションは、ソフト
ウェア開発会社に次のような利点を提供します。

・従量制の課金方法をサポート - 従量制のビジネスモデルを採用することに
 より、使用していないライセンスへの支払いをなくし、オンプレミスと
 クラウドベースのアプリケーションの両方において、新規ビジネスの開拓や
 競争力強化を図ります。
・ハードウェアではなくユーザーにライセンスを供与 - ライセンス供与と
 エンタイトルメント管理をハードウェアベースではなくユーザーベースで
 行うことにより、モバイル環境への対応を強化し、ユーザーエクスペリ
 エンスを向上します。
・管理機能の強化 - ライセンスをリアルタイムでリモート管理することにより、
 顧客サポートの満足度を向上し、マーケティングとセールスにかかる時間を
 短縮します。
・ビジネスインテリジェンス - 使用状況のトラッキング
 リンク
 ソフトウェアの利用履歴データを機能単位で提供することにより、
 将来の製品開発やビジネスの意志決定プロセスをサポートします。
・仮想化への対応 - 完全に仮想化された環境でのソフトウェア導入を
 サポートすることで、重複や不正使用の不安を解消します。
・ITコストを軽減 - ライセンスサーバーをローカルにインストールおよび
 管理する必要をなくすことで、ITコストの削減や、実装にかかる時間の
 短縮を可能にします。

 このようなソフトウェア収益化ソリューションが求められる背景として、
IDCのソフトウェアライセンシングおよびプロビジョニング部門リサーチ
VPであるAmy Konaryは次のように述べています。「ソフトウェア業界は、
急速にクラウドへと移行しています。このトレンドはソフトウェアアプリ
ケーションの販売方法に多大な影響を与えており、さらにソフトウェアの
パッケージング、管理、保守の方法に対する企業やエンドユーザーのニーズも
大きく変わろうとしています。例をあげると、ソフトウェアの使用パターンが
デバイス単位ではなくユーザー単位になりつつある点、従量制のビジネス
モデルがユーザーの支持を集めている点、ベンダーの透明性が絶対条件として
求められている点などがあります。この3つのポイントだけを考えても、
これまでの価格体系やライセンシング方式でソフトウェアを提供する
ベンダーにとっては非常に大きな難問だといえます」。

 また、SafeNetのクラウドサービス部門バイスプレジデントである
Shlomo Weissは次のように述べています。「現在多くのアナリストが、
今後3~5年でハイブリッド製品ポートフォリオがソフトウェア業界の
主流になるだろうと予測しています。これは、ライセンシングにおいて
オンプレミスとクラウドを分ける境界線が次第に曖昧になっていくことを
意味します。今後、ソフトウェア開発会社はクラウドライクなユーザー
エクスペリエンスをオンプレミスアプリケーションでも提供するようになり、
ハイブリッドポートフォリオの管理を簡素化することで管理業務をベンダーに
任せるようになるでしょう。このようなトレンドに完全に対応できるのが
Sentinel Cloudであり、次世代のクラウドベースのライセンシング方式を
オンプレミスソフトウェアに広げ、ハイブリッドソフトウェアのポート
フォリオ管理の簡素化を図ります」。

 Sentinel Cloudは、従量制のビジネスモデル、インテリジェントなデータ
収集機能、高度なITスキルが不要なデザイン、完全な透明性などを特長と
するソフトウェア収益化ソリューションであり、ソフトウェア業界のビジネスに
変革をもたらします。詳細な内容と、無料の試用版の取得については、
リンク をご覧ください。

ソフトウェア収益化に関する資料
・ソフトウェア収益化の基礎 - リソースセンター
 リンク
・収益性の高いソフトウェア価格設定およびパッケージング戦略 (video)
 リンク
 (ページ右上の言語を英語に変更してページを開いてください)
・最新のソフトウェア収益化(Amy Konary、IDC)
 リンク
 (ページ右上の言語を英語に変更してページを開いてください)
・ソフトウェア開発会社をサポートする利用状況およびデータ収集機能(動画)
 リンク
 (ページ右上の言語を英語に変更してページを開いてください)

 Sentinelは、SafeNetの米国およびその他の国における登録商標です。

【 SafeNetのソフトウェア収益化ソリューションについて 】
 Sentinelソフトウェア収益化ソリューションは、あらゆる規模、技術要件、
組織構造を持つ企業環境で求められるライセンス供与、執行、管理のニーズに
柔軟に対応するソリューションです。ソフトウェアパッケージング、ソフトウェアの配布
リンク 、   
継続的なカタログ管理によるコピー防止
リンク
知的財産保護リンク 、  
エンドユーザーエクスペリエンスの向上など、ソフトウェア収益化ライフ
サイクルのあらゆる過程で発生するニーズに対応できるのは、SafeNetの
ソリューションだけです。

 SafeNetは、オンプレミスでインストールされるソフトウェアのライセン
シングおよびエンタイトルメント管理を、従来型の製品はもちろん、クラウド
ベースでも実現しています。さらに、ハードウェアトークン、ソフトウェア
キー、クラウドサービスなどを使って、ライセンス供与や、エンタイトル
メントおよび使用状況データの追跡を行う機能も提供しています。
SafeNetは、ISV各社をサポートする信頼のパートナーとして、あらゆる
配布方法(物理的な配布、電子配信、デバイスへの組み込み、クラウド、
ハイブリッドなポートフォリオなど)に対応できるソフトウェア収益化
ソリューションを提供します。

【 SafeNet, Inc.について 】
 1983年設立。情報セキュリティ業界の世界的なトップ企業で、グローバル
企業の最も重要なデータを保護し、信頼を得ています。SafeNetは、お客様の
貴重な情報を、データセンターからクラウドまで、情報ライフサイクル全般
にわたり保護しています。現在、25,000を超える企業や政府機関が情報
セキュリティの保護、リスク管理、コンプライアンス管理、仮想化・クラウド
環境の保護をSafeNetに委ねています。

【 日本セーフネットについて 】
 日本セーフネット株式会社( 代表取締役社長:
酒匂 潔、本社:東京都港区)は、米国SafeNet, Inc.の日本法人で、2001年の
設立以来、ネットワークやアプリケーションのセキュリティ製品の日本国内での
販売、マーケティング、サポートを提供しています。

SafeNet、SafeNetロゴはSafeNet, Inc.の登録商標です。その他の商標は
すべて、各所有者の財産です。

     ※本件に関するお客様からのお問い合わせ先※

日本セーフネット株式会社
TEL: 03-5776-2751 
E-Mail:jp-info@safenet-inc.com

    ※本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先※

日本セーフネットPRデスク
(株式会社アクティオ内)
TEL:03-5771-6426  FAX:03-5771-6427
E-mail:safenet-pr@actioinc.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。