logo

【スマホ世論調査】若者の3割 投票3日前でも「投票には行かないつもり」 

株式会社リビジェン 2013年07月22日 15時30分
From PR TIMES

ITソリューション・アプリケーションサービスの提供を行う株式会社リビジェン(本社:東京都港区、代表取締役:孫尚均、URL:リンク)では、20代30代の男女500人を対象に参議院選挙の世論調査を実施しました。

本調査は、選挙権をもつ20代30代の若者に限定して世論調査を実施し、選挙結果と比較してどのような傾向がみられるか確認をすることを目的としています。




【調査概要】
 調査手法 : スマホリサーチ(インターネットリサーチ)
 調査対象: 全国20代30代の一般男女(スマートサーベイモニター会員)
 有効回答数 : 500サンプル
 調査日時 : 2013年7月18日 ~ 2013年7月19日
 調査地域 全国
 実施機関:株式会社リビジェン


【調査結果要約】
◆「白紙で投票する」選挙区制では約7%、比例代表制では約4%の若者が回答。
◆「必ず投票に行くつもりである」と約27%の若者が回答。一方「今のところ投票には行かないつもりである」と約31%の若者が回答。
◆各都道府県からの候補者を選択する選挙区制では、「投票する候補者はまだ決まっていない」と約60%の若者が回答。
◆2013年7月18日~2013年7月19日の時点で、「期限前投票を済ませている」と8%の若者が回答。
◆候補者または政党を選択する比例代表制では、約50%の若者が「政党名を記載して投票する」と回答。


【調査結果詳細】
●今度の参院選には投票に行く予定か質問したところ、「必ず行くつもりである」が26.8%、「今のところ投票には行くつもりである」が34%、「今のところ投票には行かないつもりである」が31.2%、「期限前投票で済ませている」が8%となりました。


●「比例代表制」では政党と候補者のどちらを記載するつもりか質問したところ、「政党」が49.1%となりました。次いで、「まだ決まっていない」が28.8%、「候補者」が18%、「白紙で投票する」が4.1%となりました。


●「比例代表制」では、政党名で投票するならどの政党を選ぶ予定か質問したところ、「自民党」が41.3%となりました。次いで、「みんなの党」と「日本維新の会」が同率の10.3%、「民主党」が9.6%、「公明党」が9%、「共産党」が7.4%、「緑の党」が2.9%、「社民党」と「生活の党」が同率の2.2%となりました。「諸派」が3.5%、「その他」が1.3%となりました。


●「選挙区制」では投票する候補者は決まっているか質問したところ、「投票する候補者はまだ決まっていない」が58.4%となり、「投票する候補者は決まっている」が34.1%となりました。「白紙で投票する」が6.9%、「その他」が0.6%となりました。


【会社概要】
■会社名 株式会社リビジェン(LiviGen Inc.)
■代表者 代表取締役 孫 尚均(そん なおひと)
■資本金 54,000,000円
■設 立 2012年6月15日
■所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-40 PEGASUS AOYAMA 515
■TEL 03-4588-2776
■URL リンク
■Email info@livigen.co.jp
■事業内容 ITソリューション・アプリケーションのサービス提供

【本件に関するお問い合わせ先】
担当部署:スマートサーベイ事業部
Email:info@livigen.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事