logo

【ホテル椿山荘東京】今夏、チャペル「ルミエール」が「Romantic feeling forest」を テーマに一新

藤田観光株式会社 2013年07月22日 17時35分
From Digital PR Platform


ホテル椿山荘東京(文京区 総支配人:浦嶋幸一)では、2013年8月、人気のクリスタルチャペル「ルミエール」の回廊および階段をリニューアルします。

「ルミエール」は、聖壇前に広がる鮮やかな緑を臨む独立型チャペルです。
木々のこだまや清流の音、柔らかな風に包まれる自然の祝福のなかで、これまで・今・そして未来へと続く“時”を感じることができる、「Romantic feeling forest」をテーマに生まれ変わります。そして、誓いのときを大切な方々と共に創り上げ、共有する演出で、新郎新婦とお世話になった方々との絆を深めていただくアットホームな挙式をご提案します。

■story#01 「これまでと今」
挙式前控室からチャペルへの回廊には、愛の詩が刻まれています。古来より受け継がれる言葉を新郎新婦へのメッセージとして贈ります。回廊を今までの人生になぞらえて、一歩一歩お進みいただきます。

■story#02「今と未来」
チャペルの名称でもある「光(=ルミエール)」を詰め込んだ階段は、生命の源を印象付けるかのように輝きます。ミラーが設置され、「今の幸せな自分たちの姿を見つめることができる。そしてそこから新たな人生の一歩を踏み出す」という、まさに「結婚」を象徴するデザインです。

■story#03「祝福する森がある」
「祝福する森(=庭園)」の中にある、自然の息吹に包まれた「ルミエール」での挙式は、ご友人にアッシャー&ブライズメイドとして立会人になっていただく、ブライズメイドウエディングを提案します。新郎新婦の大切な方々にご協力いただくことで、絆を深め、感謝や感動を伝え合える挙式が実現できます。結婚に至るまで見守ってくださったご友人にとっても、誓いのときを共に創り上げることは一生の思い出になることでしょう。

【参考】
当ホテルメールマガジン会員へのアンケートでは、「挙式をする際大切にしたいものは?」に対し、「家族や列席者への感謝の気持ちを伝えたい」が85%、「感動の気持ちを皆で分かち合いたい」が22.7%との結果になっています。(結婚準備のFor wedding「挙式披露宴に関するアンケート」2012)

ふたりの感謝の気持ちをカタチに。そんな世界にたったひとつの結婚式をつくるため、私たちが心をこめてお手伝いします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。