logo

広告プランニングのメソッドを活用した就職活動支援プログラムを開発

株式会社電通 2013年07月19日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月19日

株式会社 電通

広告プランニングのメソッドを活用した就職活動支援プログラムを開発

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)と広告・ウェブ・マスコミ専門の転職支援事業を展開する株式会社マスメディアン(本社:東京都港区、社長:小端 進)は、広告プランニングのメソッドを活用して大学生の就職活動を支援するプログラムを開発し、全国の大学のキャリアセンターや就職課に向けてサービスを開始します。

 本プログラムは、2012年度に電通が特別協力し、マスメディアンが学生を含む一般人を対象に実施した「ジブンと社会をつなぐ教室」を、大学のキャリア教育講座として見直したものです。内容は、2011年に発刊した『広告のやりかたで就活をやってみた』※1と『広告小学校―CMづくりで、「伝える」を学ぼう。』※2の中で紹介された考え方をベースにしています。

 就職活動におけるコミュニケーションの流れを、“価値分析”“ターゲット分析”“コンセプト開発”といった広告プランニングのプロセスになぞらえて解説・実践することにその特徴があります。企業から内定を獲得するための対症療法的ノウハウやテクニックを教えるのではなく、就職活動を行う学生自身の価値発見や、その価値を伝えるために必要な表現方法など、就職活動をめぐる本質的な課題解決に貢献することを狙いとしています。

 本講座は、2013年8月より東洋大学での実施が決定しており、今後、順次拡大していく予定です。

※1 宣伝会議刊、電通プロモーション事業局・小島雄一郎共著
※2 宣伝会議刊、電通「広告小学校」事務局著

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。