logo

新日鉄住金 世界初 堺製鉄所大形工場が累計生産量4千万トンを達成

新日鐵住金株式会社 2013年07月18日 15時00分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社建材事業部堺製鐵所(所長:藤田和夫)は、7月14日(日)に、大形工場累計生産量で4千万トンを達成しました。1961年10月の操業開始以降、H形鋼、鋼矢板、造船向け形鋼等を生産し、51年10カ月での記録達成となりました。4千万トンの累計生産は、形鋼の工場としては、世界で初めての達成となります。

大形工場では、これまで1989年の外法一定H形鋼のハイパービーム、2005年のハット形鋼矢板などの高機能を備えた新商品開発や1991年に大河内生産特賞を受賞した自在成形技術などの革新的プロセスの開発を研究部門や営業と一体となって進め、形鋼分野では、他に類を見ない技術力・設備装備力を備え、市場のニーズに応えて参りました。

今後も、多様化する市場のニーズを的確に捉え、高機能商品から汎用品まで各種形鋼製品を安定的に生産して参ります。

※「ハイパービーム」は、当社の登録商標です。

以 上


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2977

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。