logo

国内初のマイクロソフトMCSE: Server Infrastructure認定コースを開講!その魅力を担当講師にインタビューしました

NECラーニング株式会社(代表取締役執行役員社長:萩原卓、本社:東京都港区、以下NECラーニング)は国内初のマイクロソフトMCSE: Server Infrastructure認定コースの講師インタビュー記事を公開しました。

NECラーニングでは、日本初開催となるマイクロソフト社認定「MCSE: Server Infrastructure認定コース」を2013年9月より順次開講することとなりました。

開講するのは、「凝縮版 サーバー インフラストラクチャの設計と実装」と「凝縮版 高度なサーバー インフラストラクチャの実装」の2コースです。
「サーバー インフラストラクチャの設計と実装」と「高度なサーバー インフラストラクチャの実装」は、本来は5日間のカリキュラム構成となっていますが、 NECラーニングでは、短期間で効率よく修得していただくために、内容を凝縮してご提供いたします。なお、それぞれのコースの研修期間は以下の通りです。

「凝縮版 サーバー インフラストラクチャの設計と実装」:3日間
「凝縮版 高度なサーバー インフラストラクチャの実装」:4日間

NECラーニングは、マイクロソフト社が主催する各種セミナーの講師やイベントのセッションスピーカーを担当し、さまざまなマイクロソフト関連技術に関するコンテンツ作成協力を行っています。 また、クラウド・サーバー・インフラの物理・論理設計スキルを証明する認定資格として注目されているMCSE: Server Infrastructureに関する取り組みについてもいち早く開始しています。

マイクロソフト社のWindows Serverを活用した総合的な設計・実装技術を問うIT資格であるMCSE: Server Infrastructureを日本市場でも普及させ、日本企業のサーバー設計・構築やクラウド活用を 支援し、業界の技術体制を強化することを目的として本認定コースをいち早く開講することにいたしました。

今回は、この分野で業界をリードする2名の講師に、トレーニングコースの魅力をインタビューしました。

インタビュー記事の原文は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。