logo

「JALUX ART+WINE PROGRAM」ボージョレー・ヌーヴォー ラベルコンテスト受賞者決定!!

株式会社JALUX 2013年07月17日 18時50分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月17日

株式会社JALUX

新しい文化芸術支援のカタチ
「JALUX ART+WINE PROGRAM」
ボージョレー・ヌーヴォー ラベルコンテスト受賞者決定!!

 株式会社JALUX(ジャルックス:代表取締役社長:横尾 昭信 東証1部:コード2729)は、「JALUX ART+WINE PROGRAM ボージョレー・ヌーヴォー ラベル コンテスト」の受賞者を決定いたしました。

 総数208点という数多くの作品が寄せられた中、大賞には、新たな生命をボージョレー・ヌーヴォー*に吹き込むスピリッツと気品が評価された伊川真一さんの「しっかりフレッシュ」が輝きました。大賞作品は、Pierre Ferraud(ピエール・フェロー)社** の「ボージョレー・ヌーヴォー 2013」のラベルデザインとして起用され、実際の商品をJALUXが販売いたします。特別賞にはそれぞれに特色のある表現豊かな4作品が選ばれました。各受賞作品の詳細につきましては、専用サイトをご参照ください。
リンク

 従来、企業が文化芸術活動を支援するCSR活動は、奨学金やメセナといった寄付型が主流でした。当社は、このコンテストを若手アーティストを支援する取り組みであると共に、本業であるボージョレー・ヌーヴォーの付加価値を高める活動として位置付けています。

 当社は、今後も日本人に親しまれている「ボージョレー・ヌーヴォー」の魅力をさらに高めていき、ワイン業界の活性化に努めてまいります。


●「JALUX ART+WINE PROGRAM ボージョレー・ヌーヴォー ラベルコンテスト」
 当社が1986年以来ボージョレー・ヌーヴォーを輸入しているフランスのピエール・フェロー社の賛同を得て、若手アーティスト(20歳以上35歳未満)から募集したデザインをワインボトルの顔であるラベルに起用するプログラムです。
 ワインを通じて若手アーティストの活躍の場を広げ、人が創り出す芸術「ART」と自然が造り出す芸術とも言われる「WINE」を融合させることにより、これまでにない価値や愉しみを見出すことを目的としています。


(参考)
*ボージョレー・ヌーヴォーとは
 毎年11月の第3木曜日に解禁されます。その年にフランス ボージョレー地区で出来た新酒の赤ワインを祝うものです。ガメイ種100%で造られ、鮮やかな色合いとフレッシュでフルーティーな味わいが特徴です。

**ピエール・フェローとは
 1882年創業という歴史を誇る名門。今なおボージョレーで独立経営を行なっている数少ない生産者の一つです。ボージョレーのワインをパリに広めたパイオニア的存在でもあり小規模の家族経営の造り手で、大量生産をせず、それぞれの工程に丁寧に時間をかけて瓶詰めまで行ない、高品質なワインを造り出しています。信頼のおける造り手として高く評価され、フランス国内の1,500以上のレストランで選ばれ、世界40カ国の市場で販売されています。ボージョレーに使用されるぶどうのガメイ種を用いたワイン造りは天下一品のレベルと安定度を誇ります。世界的なワイン評論家ロバート・パーカー氏が、ボージョレー地区を最高の4つ星の評価を与えているほどです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事