logo

第002回 データセンター立地やデータセンターの種類について、あれこれ

データセンター設計の第一人者である杉田正氏による「sugipooh のデータセンター・クラウドインフラ」

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長 成岡謹之輔、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)はデータセンター設計の第一人者である杉田正氏による「sugipooh のデータセンター・クラウドインフラ」の第二回「データセンター立地やデータセンターの種類について、あれこれ」を公開しました。

###
データセンターがどこにあるか?データセンターにサーバーを持ち込んでセットアップする業務などを行う方以外はご存知ない方々も多いでしょう。「これにつないでくれたらインターネット出来ます」と渡されたイーサネットケーブルをパソコンに接続すると、ブラウザ経由でニュースや、Googleなどを使う「検索」などデータセンターからのサービスを使うことが出来ます。

 しかし、「これを使って下さい」と、インフラを管理する業務を行う情報システム担当者は、「インターネットにアクセス出来ない」などの時に対応するために、「データセンターがどこにあるか?」を正確には知らないにしても「どこが管理しているデータセンターからインターネットサービスを受けている」ことを知っておく必要があります。

(この続きは以下をごらんください)
リンク

杉田正 氏
大容量ストレージ機器企画から販売、サーバー設計、レンタルサーバー向けデータセンター設計構築、運用業務構築、サーバー引越企画立案からセキュリティ対策まで広い範囲でデータセンターに関係する業務を経験。現在は独立行政法人産業技術総合研究所にて省電力データセンター研究を行っている。「データセンターはサーバーを置く場所でありサーバー進化に合わせてデータセンターも進化するべき」
Twitter アカウントは@sugipooh

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。