logo

テクニカルコラム[DaaSのメリット・デメリット]

人気仮想化コラムニスト志茂吉建氏の「仮想化技術最前線」

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長 成岡謹之輔、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)は人気仮想化コラムニスト志茂吉建氏の「仮想化技術最前線」の第二回[DaaSのメリット・デメリット] を公開しました。

###
DaaSを利用する上でのメリットは何があるでしょうか。DaaSのサービスは、他のXaaSなどと同じインターネット上のサービスとなります。当然のことながら自社でハードウェアやネットワーク、ストレージといったインフラを保有する必要がないというのが最大のメリットとなります。インフラを持つ必要がありませんので、それに伴う障害対応や管理といった工数も削減することができます。様々なIT関連の雑誌やブログの記事を読んでいますと、IT予算の70%程度がシステム運用の予算として利用されているという記述があります。DaaSを利用することで少しでも予算の削減を実現できるのではないでしょうか。

(この続きは以下をごらんください)
リンク

志茂吉建 氏
1996年にシーティーシー・テクノロジー株式会社に入社。プラットフォーム、ストレージ、ミドルウェア関連のサポートやプロフェッショナルサービスに従事。2007年下半期から、VMware仮想化関連のサービス開発やコンサルティングなどを担当。2011年に仮想化関連書籍、『VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション』などを共同執筆。2012年8月から仮想化/OSSコンサルタントとして独立。
Amazon著者ページ:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。