logo

サポート対応力で評価が高いat+link 7/17よりサーバ監視機能を強化し、サポートレベル引き上げへ

―標準監視間隔を短縮し、より安定した運用環境を実現―

株式会社リンク(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田元治)と株式会社エーティーワークス(本社:富山県富山市、代表取締役社長:伊東孝悦)が共同で展開している国内最大級のホスティングサービス「at+link(エーティーリンク)」は、at+link 専用サーバサービスやパブリック型IaaSのat+link クラウドで提供している「プレミアム監視」での標準監視間隔を15分から5分へと変更し、7月17日(水)より提供いたします。

■サーバ運用における監視サービスの重要性
Web上でのサービスを提供している企業にとって、サーバは24時間365日停止することなく稼動し続ける必要があり、ほんの数秒間の停止によって、ビジネスに大きな損失を与えてしまう場合があります。そのため、そのWebサービスが稼動しているサーバの状況は24時間365日監視サーバを通して把握する必要があるのはもちろんのこと、万が一の障害発生時、速やかな対応を実現するために監視サービスを取り入れることが重要です。

at+link では、監視サービスとして、ユーザのネットワークやサーバへの応答状況を確認する「死活監視」と、CPUの温度、システム(M/B)温度、CPUのファン回転数、システムファンの回転数、電源電圧などを定期的に記録し設定した閾値に基づいて監視する「ハードウェアモニタリングシステム」を標準提供 (※) している他、オプションサービスとして死活監視だけでは対応できないプロセスやリソースなどを監視する「プレミアム監視」を提供しております。
この度実施するプレミアム監視の標準監視間隔5分化によって、閾値を超えた場合や障害が発生した時など迅速に検知することができ、早期の復旧対応を実現できるため、今まで以上に安定した運用環境を提供することが可能になります。

【プレミアム監視における監視項目】
・ネットワーク監視:ALIVE ( PING )
・サービス監視:HTTP・HTTPS・POP・SMTP・DNS・FTP・SSH・OpenRelay
・プロセス監視:PostgreSQL・MySQL・Oracle各DBのプロセス・cron・SASL・お客さま指定プロセス
・リソース監視:CPU・HDD・メモリ

at+link では今後もクリティカルな運用ニーズに最適なサーバソリューションを提供してまいります。

「at+link 専用サーバサービス」の詳細は、リンクでご覧いただけます。


【at+linkについて】
東京の広告制作会社である株式会社リンクと、富山のPC/AT互換機メーカーである株式会社エーティーワークスにより、1996 年11 月にサービスを開始しました。2013 年 7 月現在の稼働台数はのべ20,000 台にのぼり、専用型レンタルサーバの分野では国内最大級といわれています。ユーザは大企業・官公庁から中小企業・SOHOなど、およそ2,500 社。利用形態も、企業のメールサーバ・ウェブサーバからオンラインショップやモバイルビジネスまで多岐におよびます。自在性・拡張性に富んだサービス構成と、親切・丁寧な完全無償フルサポートを提供しており、多くのユーザから支持を得ています。サービスの詳細は、リンクをご覧ください。

【株式会社リンクについて】
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティング・コロケーション・クラウド型テレフォニーサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。2009年からは農系事業にも取り組んでおり、2010年2月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「中洞牧場」および同牧場の直営店を運営しています。事業内容の詳細は、リンク をご覧ください。

【株式会社エーティーワークスについて】
株式会社エーティーワークスは、at+link のマシンの製造と技術サポートを担当しています。1994年の創業当時からPC/AT互換機にPC-UNIX(Linux・FreeBSDなど)をプリインストールしたサーバ機器の販売、ラックマウントサーバの開発・製造・販売を行っています。事業内容の詳細は、リンク をご覧ください。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社リンク
担当:原田
〒107-0052
東京都港区赤坂7丁目3番37号
カナダ大使館ビル1階
TEL:03-5785-2255 / FAX:03-5785-2277
Eメール:pr@link.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

プレミアム監視の監視と通知の手順

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※ at+link クラウドに関して「標準死活監視」は近日中にリリース予定。「ハードウェアモニタリングシステム」は、at+link クラウドでは提供しておりません。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事