logo

Adobe Presenter 9によるeラーニングコンテンツ受託制作を開始

コンピュータートレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、Adobe Captivate 8に加え、新バージョンであるAdobe Presenter 9にも対応したeラーニングコンテンツ制作体制を確立し、7月24日から制作受託を開始します。

 例えば、学校が既に保有するPowerPointスライドデータや講義映像を学生に配信したい場合や、企業ならサービスや商品のプレゼンテーションをお客様に配信、あるいはコンプライアンスなどを社員に配信する場合などに有効です。これらをAdobe Presenter 9によって、多くのLMS(学習管理システム)に対応しているSCORMコンテンツに移行させられれば、受講者(学生や社員)はネット上のコンテンツをいつでも視聴出来るうえ、管理者側は受講者のコンテンツ視聴履歴をチェックすることができます。あるいは、テスト問題を設置して合否判定を設定したり、アンケート結果などを得ることも可能となります。
 さらに、Adobe Presenter 9から書き出されるコンテンツはプレゼンテーションに特化した操作性を持つインターフェースデザインとスタイリッシュな外観を併せ持った品位の高いものとなっています。また、Adobe Presenter 9はAdobe Captivateで制作されたFlashファイルをスライドとして扱うことができます。これにより、ソフトウェア操作のデモや、高いインタラクティビティ(双方向性)を持つシミュレーションを含めたコンテンツを制作することができます。
 弊社はこれまでもPresenter 8でコンテンツ制作してきたノウハウがあります。社内に自社スタジオを持ち、ナレーターも用意できるので、シナリオを含めた一貫したオリジナルコンテンツ制作が可能となっています。

弊社は、長年SCORM対応LMSサービスを展開すると共に、Adobe Presenter 8を使ったオリジナルeラーニングコンテンツの受託制作を多数手掛けてきました。これら積み重ねたインタラクティブコンテンツ制作ノウハウを活用して、新バージョンのAdobe Presenter 9を使ったeラーニング制作の受託を2013年7月24日より開始します。

このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当本多
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 リンク
E-mail info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

イメージ写真

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。