logo

7月13日(土)、「RED BULL KING OF THE ROCK日本予選」の会場に、 1on1バスケットボールの世界観を体験できるチームラボカメラを導入

2013年7月13日(土)、1on1バスケットボールの世界No.1プレイヤーを決めるシリアストーナメント「RED BULL KING OF THE ROCK日本予選」の会場・新木場STUDIO COAST(東京)に、teamLabCamera(チームラボカメラ)を導入。




2013年7月13日(土)、1on1バスケットボールの世界No.1プレイヤーを決めるシリアストーナメント「RED BULL KING OF THE ROCK日本予選」の会場・新木場STUDIO COAST(東京)に、teamLabCamera(チームラボカメラ)を導入。今回は、1on1バスケットボールの世界観を体感できるデザインを用意しました。


「teamLabCamera」とは、自動的に撮影を行うFacebook連動型のデジタルサイネージです。サイネージの前に立ち、撮影ボタンを押すと自動的に撮影が始まり、様々な加工を施された画像が、特設 ページにアップロードされます。

スタートボタンを選択すると、画面にバスケットボールのアニメーションが表示されます。制限時間内にバスケットボールに合わせたポーズを決め、その瞬間を撮影。写真は自動で加工され、バスケットボールをプレイしているような写真が出来上がります。ボールの位置は全部で8種類あります。


完成した写真は「RED BULL KING OF THE ROCK」の公式ページにアップロードされるので、自由にダウンロードやシェアすることができます。

なお、「RED BULL KING OF THE ROCK」のウェブサイトは、株式会社USNに担当していただきました。

▼Red Bull King of the Rockとは
脱出不可能な孤島の刑務所として知られたアルカトラズ島を舞台に開催される、1on1バスケットボールの世界No.1プレイヤーを決めるシリアストーナメント。


▼イベント概要
名称:RED BULL KING OF THE ROCK日本予選
日時:2013年7月13日(土) 
場所:新木場STUDIO COAST
会場:〒136-0082 東京都江東区新木場2−2−10
時間:15:00開演 (16:00開場)
HP:リンク

■レッドブル・ジャパン株式会社
食品や飲料を一手に扱う大企業が市場を占めるなか、Red Bull Energy Drinkを中心とする数アイテムだけを手がけてきました。そして「Red Bull翼をさずける」のスローガン(フィロソフィ)の下、さまざまなスポーツやカルチャーイベントを主催、サポートし、レッドブルの活動や商品の機能性を伝えています。
リンク

■UltraSuperNew 株式会社
UltraSuperNew株式会社(USN)は東京・原宿にあるクリエイティブ・エージェンシー。2007年の誕生以来、国際色豊かなチームは変化と競争の激しい日本市場に新たな視点からインパクトを与えるという使命のもと、レッドブル・ジャパン株式会社、ハイネケン・キリン株式会社、エレクトロニック・アーツ株式会社他、様々なクライアントをサポート。デジタルを駆使して、ターゲットを巻き込みながら360°に展開するコミュニケーションプロデュースを手がけている。
ウェブサイト:リンク
Facebook:www.facebook.com/ultrasupernew

■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

<主な実績>
「百年海図巻」と「チームラボハンガー」が文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出(2011)。カイカイキキギャラリー台北で『生きる』展開催(2011)。フランス「LAVAL VIRTUAL」にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を展示し、「建築・芸術・文化賞」賞を受賞(2012)。国立台湾美術館にてチームラボ「We are the Future」展を開催(2012)。シンガポールで行われた国際アートフェア「Art Stage Singapore 2013」にて「Nirvana」を発表(2013)。台北市立美術館『Parkett - 220 Artists’ Editions & Collaborations since 1984 +5』にて「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を展示(2013)。タッチパネル式の次世代受付システム「FaceTouch」と成田国際空港に常設展示中の「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が デジタルサイネージアワード2013を受賞。

なお、今後の予定として、香港の国際アートフェア『アートバーゼル香港』(2013)で発表した「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を、『88ソウルオリンピック開催25周年記念 SOMA 特別展企画 力, 美はどこにあるのか?』(SOMA美術館/韓国)にて展示予定(7月11日 ~9月22日)。『青森EARTH 2013「すばらしい新世界_再魔術化するユートピア」』(青森県立美術館/日本)にて、「花と屍 剝落 十二幅対」を展示予定(7月27日~8月25日)、など。

チームラボ株式会社
リンク
チームラボ作品紹介
リンク

■本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。