logo

CSR報告書「緑字企業報告書2013」を発行

宝酒造株式会社 2013年07月11日 16時01分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/07/11

宝酒造株式会社

CSR報告書「緑字企業報告書2013」を発行

 宝酒造株式会社では、CSR報告書「緑字企業報告書2013」を発行しました。また、同内容および詳細データを7月12日午前中に当社ホームページ内(リンク)でも公開する予定です。

 「緑字企業報告書」は、当社のCSR(企業の社会的責任)に関するさまざまな取り組みを紹介した報告書です。環境会計の先進事例として高く評価された「緑字決算」を掲載した「緑字決算報告書」(1998年初版発行)を前身とし、環境に対する取り組みをはじめ、安全・安心、品質向上、コーポレートガバナンス (企業統治)、コンプライアンス(法令遵守)などCSR全般について総合的に掲載した報告書となっています。

 今回の特集では「日本の食文化を支えて~宝酒造の和酒、和の調味料~」と題して、海外での和食ブームやユネスコ無形文化遺産登録申請などで話題を集める日本の食文化(=「和食」)に宝酒造の和酒や和の調味料製品がかかわっていること、またそれら製品のおいしさ、品質、安全・安心にこだわっていることをご紹介しています。

 この「緑字企業報告」では環境に対する取り組みについて、「ECO」という独自の指標を使ってその成果を表した緑字決算を1998年より毎年公表しています。今回(2012年度)の緑字決算では、環境負荷削減ECOは購入電力のCO2排出係数の変更(※)などがあり‐6.9ECOと目標に届きませんでしたが、環境貢献推進ECOでは省エネなどのエコ提案の推進が貢献するなど+18.7ECOとプラスになりました。

 当社では、企業理念である「自然と社会と人間との調和」をめざして、今後もCSR活動に積極的に取り組んでまいります。

※「CO2排出係数の変更」
 CO2排出係数は、電気やガスなどのエネルギー使用量から排出されるCO2を求めるための係数です。電力の場合は、CO2を排出しない原子力発電や水力発電の割合が大きいとこの値は小さくなり、石炭や石油等の火力発電の割合が大きいとこの値も大きくなります。今回は各電力会社の原子力発電所の長期停止により火力電源等の発電電力量が増加した結果、CO2排出係数の変更が行われました。

[お客様からのお問い合わせ先]
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。