logo

【グレースノート株式会社】新社長就任のお知らせ

グレースノート株式会社 2013年07月11日 15時00分
From ValuePress!

グレースノート株式会社は、2013年7月8日付にて、 高木和典が代表取締役社長に就任したことをお知らせ致します。

Gracenote, Inc(所在地: 米国カリフォルニア州エメリービル)は、2013年7月8日付にて、日本法人であるグレースノート株式会社(所在地:東京都渋谷区道玄坂)の代表取締役社長に高木和典が就任したことをお知らせ致します。高木は日本での事業を統括しパートナー企業との協業を推進するとともに、日本市場におけるさらなる事業拡大に取り組みます。

前代表取締役社長ブライアン・ハミルトンは日本での任期を終え、セールスおよびマーケティング担当 SVP(シニア・ヴァイスプレジデント)として米国本社に帰任し、グローバルセールス事業を監督・統括しています。後任の高木はハミルトンの指示のもと、音楽認識技術分野におけるセールスおよび事業の拡大に取り組み、携帯通信事業者、放送局やテレビ製造メーカーとの新規事業の獲得や、アプリケーション開発事業者との関係強化に注力致します。

米国Gracenote, Inc社長スティーブン・ホワイトは、「日本市場は我々にとって非常に重要な位置づけにあり、グレースノートの将来の成功は日本にかかっているといっても過言ではありません。日本地域を統括する責任者には、グローバルビジネス目標を正しく理解し、それをローカルマーケットの成功に置き換えることのできる能力と忍耐力のバランスを兼ね備えた人材を求めていましたが、テレコミュニケーション分野での28年以上の経験と幅広い知見を携えた人物を迎えることができ非常に喜ばしく思っています。高木率いる新体制のもと、日本でさらなる事業成長を遂げ、音楽、映像、自動車の事業分野でグレースノートの存在感がさらに高まるものと確信しています。」とコメントしています。

社長就任にあたり、高木は次のようにコメントしています。「グレースノートの卓越した技術、ソリューションを支える才能ある優秀なチームの存在が、同職を引き受けることになった一番の理由です。スティーブン、ブライアンはじめチームのメンバーと会った時、グレースノートであれば今までの経験を最大限に活かすことができると確信しました。世界をリードするエンターテイメント製品やブランドにグレースノート技術が搭載されるよう最善を尽くしていきたい。」

高木は、モバイルアプリケーションのグローバルリーダーとして有名な PacketVideo Japanで12年ほど勤務致しました。2001年にセールス・ディレクターとして同社に入社後、モバイルOEMメーカー、モバイルキャリア、コンテンツプロバイダー各社との契約獲得の推進力として従事し、その業績が認められ2002年に社長に就任。以来2013年まで社長として同社の事業成長に貢献してきました。


【グレースノートについて】
グレースノートはデジタルメディア業界のパイオニアとして、音楽・映像のメタデータやコンテンツ認識技術を数々のエンターテイメント製品やメーカーに提供しています。音楽出版社、音楽レーベル、大手映画スタジオ、主要TVネットワークなど、エンターテイメント業界各社とパートナー関係にあり、ソニー・アメリカ (SCA) の100%子会社としてカリフォルニア州・エメリーヴィルに本社を構えます。東京、ミュンヘン、ベルリン、ソウル、台北など世界各国でもビジネスを展開しております。当社ウェブサイト、Facebookページもご覧下さいませ。
■ ウェブサイト リンク
■ Facebookページ リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:グレースノート株式会社
担当者名:角
TEL:03-3464-7149
Email:rsumi@gracenote.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事