logo

TeamViewer(R) モバイルデバイス向けリモートサポートを拡大

TeamViewer GmbH 2013年07月11日 11時00分
From PR TIMES

新しいTeamViewer QuickSupportアプリケーションにより、どのパソコンからも iPhone(R)、iPad(R)や Android(TM)デバイスへのリモートサポートが可能に

 リモートコントロール・ソリューションとオンラインプレゼンテーションソフトウェアのスペシャリストであるTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、本日、AndroidとiOSデバイスのリモートサポートを可能にするTeamViewer QuickSupportアプリケーションの提供を開始致しました。TeamViewer QuickSupportアプリケーションは、TeamViewerを経由してモバイルデバイスにアクセスし、トラブルシューティングを可能にします。

新アプリケーションのQuickSupportを使用したモバイルデバイスへのリモートサポートはTeamViewer8にてご利用可能です。(追加ライセンスが必要となります。)この新商品は、携帯電話会社、カスタマーサービス、ITヘルプデスクやシステム管理者のために設計されています。アプリケーションによって、iOSやAndroidデバイスのサポートが簡単にサポートでき、ヘルプデスクのスタッフは顧客や従業員により快適なサービスを提供することができます。また、個人利用者は、アドバイスや手助けを必要としている家族や友人へリモートサポートを行うことが可能になります。

TeamViewer QuickSupportにより、ITスペシャリストがパソコンからモバイルデバイスに接続し、リモートサポートをすることが可能となります。使用例として、リモートユーザーが出張先でEメールを受け取る際に問題が生じた際のサポートなど、様々な状況下において役立ちます。サポート費用の算出や情報の透明性向上のために、リモートセッションの開始時間と終了時間はTeamViewer Management Consoleに記録されます。

モバイルデバイスの機種によりそれぞれ多様なサポート機能をご利用いただけます。

Androidデバイスでは、リモートデバイス上の各アプリケーションの削除やプロセスの停止等、総合的なリモートサポートの提供が可能となります。また、Sony、Medion、 Alcatel One Touch / TCL社製のモバイルデバイスでは、フルスクリーンの共有やリモート操作が可能です。

iPhoneとiPadでは、Apple社iOS構成プロファイルツールを使用して構成プロファイルの設定をデバイスに対して行うことが可能です。これによりユーザーの企業ソフトウェアアプリケーションやデータへのアクセスを管理することが可能となり、Eメールやカレンダー、またアカウント(Microsoft Exchangeを含む)の設定、VPN設定、さらにデバイスの使用に関する制限を設けることがリモートで可能となります。

下記機能はiOSとAndroidデバイスの両方で利用可能です。

・ チャット:技術者とエンドユーザーとのチャットが可能なため、電話を使用することなく、問題を理解し説明を行うことができます。また、注意を引くためのアラート機能を利用可能です。
・ リアルタイムスクリーンショット: 技術者は簡単にモバイルデバイスからリアルタイムスクリーンショットをリクエストすることができます。スクリーンショットを保存すると、画像は自動的にコンピューター上のTeamViewerに送られ、情報を簡単に共有することができます。
・ デバイス設定へのフルアクセス: デバイスのオプション設定にアクセスし、Wi-Fiの設定を含む接続設定を構成することができます。また、リモートデバイス上で実行しているプロセスやインストールされているアプリのリストを表示させることが可能です。全情報はダッシュボードに見易く表示されます。
・ システム記録: システム情報やシステム記録を表示することで問題の診断に役立ちます。
・ ファイル転送: デバイス間で簡単にファイルの転送が可能です。
・ 安全な接続: 全てのリモートセッションはRSA 公開/秘密鍵交換とAES (256 ビット)セッション符号化に基づいた非常に安全なセキュリティで暗号化されています。

TeamViewerの製品開発計画部部長であるコルネリウス・ブルナー(Kornelius Brunner)は、「ビジネスでモバイルデバイスの使用が主流になることで、想定外の困難がサポート面で生じました。我々は変化するニーズに応え、モバイルデバイスへ対するサポートの提供やトラブルシューティングより早く、簡単に行うことを可能にする総合的なソリューションをIT部門に提供します」と述べています。

システム要件
TeamViewer QuickSupportアプリケーションを経由したモバイルデバイスのリモートサポートはTeamViewer 8で利用できます。リモートサポートは、バージョン2.3以上の全てのAndroid携帯端末、またAndroidタブレット端末にてご利用可能です。また、5.0 以上の全てのiOSデバイス(iPad、iPhone、iPod touch)で利用できます。使用デバイスのメーカーによりアドオンが必要となります。モバイルデバイスサポートは全WindowsとMac端末からご利用可能です。

価格と購入方法
TeamViewer QuickSupportアプリを経由したモバイルデバイス用のリモートサポートの利用には、追加ライセンスが必要となります。価格はお持ちのTeamViewer 8ライセンスにより異なります。詳細については www.teamviewer.com/licensingをご覧ください。個人利用目的のお客様に関しては無料でご利用いただけます。

Androidデバイス用TeamViewer QuickSupportアプリは、Google Playもしくはwww.teamviewer.com/mobile から入手可能です。iOSデバイス(iPad, iPhone, iPod touch)用アプリは、Apple Storeから入手可能です。

(C) 2013 TeamViewer GmbH. All rights reserved.
Mac and Mac OS are trademarks of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries.
Windows is a registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and other countries.
Linux(R) is the registered trademark of Linus Torvalds in the U.S. and other countries.
Android is a trademark of Google Inc.


■TeamViewerについて
ドイツに本社を置くTeamViewer GmbHは、2005年に設立され、オンラインコラボレーションと通信のためのハイエンドソリューションの開発と流通に専心しています。このソフトウェアは、現在30ヵ国語以上で利用できます。詳細に関しては、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事