logo

パワフルでスケーラブルなインメモリ分析に特化した「Teradata Model 720」販売開始

日本テラデータ株式会社 2013年07月11日 11時03分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月11日

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ、パワフルでスケーラブルなインメモリ分析に特化したSAS(R) High-Performance Analytics専用アプライアンス「Teradata Model 720」を販売開始
-Teradata DWHとSASのインメモリ分析機能を統合し企業全体におけるより高度な分析環境を実現-

日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)は、Teradataデータウェアハウス(DWH)と連携して利用する SAS(R) High-Performance Analytics専用アプライアンス・サーバー「Teradata Appliance for SAS(R) High-Performance Analytics, Model 720(以下 Teradata Model 720)」を本日より販売・出荷開始します。

Teradata Model 720 は、SAS Institute Japan株式会社(以下 SAS)が販売するインメモリ機能を採用した予測モデル開発用ソフトウェア SAS(R) High-Performance Analytics Server およびデータ探索・視覚化ソフトウェア SAS(R) Visual Analytics を搭載する専用アプアライアンス・サーバーです。Teradata DWH と SAS のインメモリ分析機能の連携により、ビジネスにおける迅速な意思決定に応えるための分析ライフサイクルの高速化と高度な分析環境を実現します。
Teradata Model 720 は、従来 SAS分析システムを運用する上で課題であった他システムからの分析対象データの取得や、他システムとの重複する分析プロセス実行といった非効率な作業を排除し、SASインメモリ分析機能が直接 Teradata上に一元化し保管されたデータにアクセスします。これにより、大幅な作業効率の向上と迅速な予測モデルの作成、実行、そして評価が行えるようになり、ビジネスの効率アップに大きく貢献します。(下図参照)

Teradata Model 720 は、クラスタ化されたサーバーに最新のインテル Xeon E5プロセッサーを採用し、高速なパフォーマンスを実現しています。ネットワーク・インフラストラクチャにはエンタープライズ・クラスの Mellanox InfiniBand を採用し、Teradata DWH上の分析対象データの取得は、従来の ODBC接続と比べ 50~250倍の速度でアクセス可能な接続ソフトウェアの Teradata BYNET の最新バージョン5(BYNET 5)を利用して実行します。また、システム導入後、新たに生じる分析のニーズによって分析能力を拡張することが可能なスケーラビリティを備えています。

日本テラデータが提唱するデータ分析の枠組みである「Teradata Unified Data Architecture(TM)」(以下 Teradata UDA)の構成要素の一つである Teradata DWH を介して、そのアーキテクチャに接続するビッグデータ分析プラットフォームの Teradata Aster、オープンソースの Apache Hadoop に蓄積されたデータを Teradata Model 720 で分析することが可能になります。また Teradata Model 720 は集中型監視システム Teradata Viewpoint に対応するため、Teradata UDA上で接続されるほかの Teradataプラットフォームを含めた全社データ分析システムの一つとして管理が可能です。

Teradata Model 720 の価格は、最小構成のハードウェア、ソフトウェア(※1)で 2,390万円(税別※2)からです。データの一元化を指向し、顧客行動データに基づいた購買予測、貸倒損失削減のためのリスク予測など、より多くのデータを利用し高速に予測モデルの開発やデータ探索を行う企業を中心に導入を見込んでおり、日本テラデータと SAS が共同でお客様への提案、販売活動を行います。

■ SAS Institute Japan株式会社 パートナー・アライアンス本部長 市橋暢哉氏は次のように述べています。

「SAS Institute Japan株式会社は、このたびの「Teradata Appliance for SAS(R) High-Performance Analytics, Model 720」の国内提供発表を歓迎いたします。同製品は、SAS High-Performance Analytics向けに開発された専用機であり、SAS Visual Analytics をはじめとする SAS のインメモリ・アナリティクス製品群が最大のパフォーマンスを発揮できる最適なプラットフォームのひとつです。Teradata をお使いのお客様は本プラットフォームを追加することで、複数のサーバー間でのデータを移動することなく、Teradata のシステム管理ツールやスキルを生かしながら、ビッグデータを高速かつ効率よく分析することが可能です。今後、すべての業種のお客様に対して SAS のビッグデータ分析ソリューションと Teradata Model 720 を SAS Institute Japan株式会社と日本テラデータ株式会社の両社が共同提供することで、お客様の経営課題解決に貢献してまいります」

以上

(※1)Teradata Model 720上で稼働する SAS(R) High-Performance Analytics Server ならびに SAS(R) Visual Analytics は SAS が販売、サポートを行い、当価格には含まれません。

(※2)Teradata Model 720
H/W構成・・・ SAS High-Performance Workerノード(2ノード)、Teradata Connect ノード(1ノード)、仮想化管理サーバー(VMS)、Teradataマネージド・サーバー
S/W構成・・・ SUSE Linux SLES 11 のライセンス、Teradataデータベース接続ユーティリティ(接続ツール、管理ユーティリティ)

# # #

■当プレスリリースの全文、仕様はこちら リンク

■参考情報
・SAS(R)  High-Performance Analytics (SAS(R)  In-Memory Analytics)
製品の詳細はこちら リンク

・Teradata Unified Data Architecture(TM)(Teradata UDA)
Teradata UDA は、統合データウェアハウスのTeradata、ビッグデータ分析プラットフォームの Teradata Aster、そしてオープンソースの Apache Hadoop の 3つのデータ・プラットフォームを相補的に活用するために、プラットフォームへの透過的なアクセスやプラットフォーム間での自在なデータ移動、さらには各プラットフォームの一元的な管理を実現するアーキテクチャです。あらゆる種類のデータを収集し、分析する環境を、あらゆる人に提供することが可能となります。  
詳細はこちら リンク

・Teradata BYNET
Teradata BYNETは、何千という超並列処理(MPP)システムにおいて実証済みの接続通信ソフトウェアです。BYNETでの接続通信はクエリー実行中のデータのソート機能、ユニークなポイントツーポイント機能、ブロードキャスト通信機能などがあり、Teradataならではの差別化技術です。

# # #

◆ Teradata Corporation リンクについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。

◆ 日本テラデータ リンクについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。 Teradata BYNETは、米国テラデータ・コーポレーションの米国における登録商標です。Apache Hadoopは、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他、記載されている会社名および製品名は各社の登録商標または商標です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。