logo

SAS(R) High-Performance Analytics専用アプライアンス新製品「Teradata Model 720」により、アナリティクスのさらなる高速化を実現


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)とTeradata(NYSE:TDC)は、「SAS(R) High-Performance Analytics」専用のアプライアンス新製品である「Teradata Appliance for SAS(R) High-Performance Analytics, Model 720」(以下Teradata Model 720)を提供開始(*)すると発表しました。SASとTeradataとの共同開発による本製品は、SAS High-Performance Analytics製品群とビジュアル・データ探索ソフトウェア「SAS(R) Visual Analytics」をサポートする統合プラットフォームであり、パフォーマンスを大幅に向上するとともに、データの移動と重複を最小限に抑えます。

* 日本国内では2013年7月11日より提供開始します。

SAS High-Performance Analyticsに特化した新型プラットフォームの技術とアーキテクチャにより、以下のメリットが得られます。
・ビジュアル・データ探索により、トレンドや傾向を短時間で検証・特定し、確信をもって新たな機会を把握し、リスクを管理しながら、最適な選択肢を実行
・優れたパフォーマンスにより、複雑なビジネス課題をほぼリアルタイムに解決するとともに、日常的に分析業務を行うアナリストに新たな洞察を提供
・アナリストや分析業務スタッフの生産性が向上し、意思決定を迅速に行えることで、競争上の優位を獲得

SAS High-Performance Analytics向けに専用開発された新型アプライアンスは、Teradataが提唱するTeradata Unified Data Architecture(以下Teradata UDA)に基づき、完全統合型のシステムとしてSAS High-Performance Analyticsをサポートするほか、既存のTeradataデータウェアハウスにも連携します。Teradata上でSAS Visual Analyticsを実行することで、大量のデータからパターンや動向をいち早く特定できます。そして、得られた分析結果はグラフやチャートでビジュアルに表現でき、モバイル端末を介して企業全体で共有することができます。Teradata Model 720アプライアンスが誇る圧倒的な速度と統合機能は、TeradataデータウェアハウスとSASのインメモリ・アナリティクス機能をシームレスに統合することで実現しています。この新たな構成により、Teradataの特長である拡張性と超高速インメモリ処理機能が得られると同時に、集中管理型のアーキテクチャも実現します。

Teradata Model 720により、SASのアドバンスド・アナリティクス機能をTeradata内で直接的に導入、使用することが可能となり、以下のメリットが得られます。
・Teradata向けにSAS High-Performance Analyticsを拡張・補完することで、定評あるTeradataの各種ツール・手法のすべてを活用
・Teradata UDAとSAS Analytics内で、拡張性に優れた集中管理型のデータ環境を推進
・包括的なエンタープライズ・アナリティクス・プラットフォームを活用することで、動向やトレンドを特定し、これまで数時間~数日かかっていたアナリティクス・モデルの作成を、数秒~数分単位で実現

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の65,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約240名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2013年4月29日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事