logo

◎Videologyが予約済み・RTB両バイイング戦略向けのプラットフォームを導入

Videology 2013年07月11日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Videologyが予約済み・RTB両バイイング戦略向けのプラットフォームを導入

AsiaNet 53676
共同JBN 0818 (2013.7.11)

【ニューヨーク2013年7月11日PRN=共同JBN】広告主、広告代理店、出版社向けビデオ広告プラットフォームの大手プロバイダーであるVideologyは11日、改修が終了した同社プラットフォームを正式販売すると発表した。Videologyのプラットフォームは「Descartes」と呼ばれる最新製品のリリースによって、テレビバイヤーとデジタルバイヤーの世界が結びつき、従来のテレビバイイングと同じプログラマティック・ギャランティード・バイイングともに、スクリーンとデバイス上でのオープンおよびプライベート・エクスチェンジのためのビッドマネジメント・ツール一式の両方を利用することができるようになる。

今回のリリースは、業界が抱える最も重要な方程式の一つを解決すること、すなわちコンピューター、タブレット、モバイル機器でブランド広告主にとって最適な効率を向上させるために、予約したメディアと予約なしのメディアとの最適な構成を見つけるように設計されている。

Videologyのスコット・ファーバー会長兼最高経営責任者(CEO)は「テレビに大金を投じるブランド広告主の目標は不変である。しかしながらビデオ消費のパターンは変化した。広告テクノロジーは、これらの変化に後れをとらないことが絶対必要である。当社のプラットフォームは、従来のメディアとデジタル化したメディア間のプランニングおよびバイイング・メカニズムを仲立ちすることによって、ブランド広告主が所望する結果を十分達成するために両方を活用できる」と語った。

▽Videologyプラットフォーム・リリースのハイライト
*キャンペーン・ワークフローが向上した新設計のユーザーインターフェース
 ・すべてのキャンペーン活動の単一ビュー
 ・キャンペーンレベル情報に容易にアクセスできるヘッドアップ表示
*リアルタイム入札
 ・パブリックおよびプライベート・エクスチェンジにおけるコストの透明性
 ・コミッション手数料を管理する能力
 ・最大の入札プライスに基づく予測評価指数(ウィンレート、クリアリングプライス、効果、GRP)を備えたエクスチェンジレベル入札コントロール
*ニールセンOCRとcomScore vCEの顧客ターゲッティング・オプション
 ・ニールセンOCRとcomScoreの人口構成比率に対するRTB入札を予測、最適化する業界トップのソリューション
*コンテクスチュアル・ターゲッティング
 ・人間が介在したページのデータベース、およびページ・テキストとURLテキストのマシン処理に基づく独自のXtractテクノロジー
 ・ポジティブおよびネガティブ・ターゲッティング
*ドメイン・ターゲッティング
 ・あらゆるバイイング・エクスチェンジにおいてカスタマイズしたサイトリスト(ホワイト、ブラック、その他)を作成する能力
 ・ドメインレベル発見を含めホワイトリストとブラックリストのアップロードと編集する機能。
*リポーティング
 ・インタラクティブ・リポーティングが可能なキャンペーン分析一式
 ・リポーティング・インターフェース内でカスタマイズしたリポートを作成、エクスポートする能力

ファーバー会長はまた「今回の新プラットフォームのリリースは、コンバージョンが起きているメディア世界にいる当社の顧客のために、点と点を結んで全体像を明らかにしようと当社が現在取り組んでいることから生まれた成果である。当社の業務は常時、一つの目標に向かってまい進している。それは当社の顧客のメディア・バリューを最大化することである。この目標への道のりは高度なテクノロジーから始まった」と語った。


▽Videologyについて
Videology(videologygroup.com)は広告代理店、出版社に向けたエンタープライズ・メディア技術企業である。同社のビデオ・プラットフォームを使えば、広告代理店やメディア企業はテレビ特有のフィーチャーや仕様を使ってビデオ広告キャンペーンを計画、送出、管理、モニターでき、同時にデジタルメディアの最先端のターゲティング広告、最適化、効率性の恩恵をこうむることができる。Videology技術はテレビ、デジタル経験を一変させるもので、広告主がふさわしいと考える消費者に対して、それぞれ異なる広告、すなわち適切な広告を見せることができる。

Videology, Inc.は株式非公開企業で、ベンチャー・ファンドの投資を受けており、投資家の中にはCatalyst Investors、Comcast Ventures、NEA、Pinnacle Ventures、Valhalla Partnersが含まれる。Videologyは米メリーランド州ボルティモアに本拠を置き、主な事務所をニューヨーク、オースティン、トロント、ロンドン、パリ、マドリード、シンガポール、シドニーに持ち、北米全体に販売チームを展開している。

▽問い合わせ先
Michele Skettino
Michele@videologygroup.com
or +1-917-653-0073.

ソース:Videology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。