logo

◎マイクロソフトがCityNext計画発表

マイクロソフト 2013年07月11日 09時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎マイクロソフトがCityNext計画発表

AsiaNet 53678
共同JBN 0817 (2013.7.11)

【レッドモンド(米ワシントン州)2013年7月11日】マイクロソフト社(Microsoft Corp.)はワールドワイド・パートナー会議で11日、都市、企業、市民がそれぞれの将来像を考え直し、活気に満ちた共同体を育てる力を与える世界的な計画であるCityNext(リンク)を発表した。都市は世界のほかの部分で成功の原動力となっている産業、経済、起業活動の中心である。しかし、都市は急速な都市化、近代化の要求、経済的厳しさの圧力など抵抗しがたい力に次第にぶつかっている。マイクロソフトのCityNextは、今日を革新し、よりよい明日をつくり出している、世界中の43万人以上の技術専門家の広範で多様なマイクロソフト・パートナー・ネットワーク(リンク)を都市に提供する。なじみがあり、安全が強化された消費者から企業へのソフトウエア、機器、サービスの幅広いポートフォリオとマイクロソフトの教育、社会計画の成功の歴史を活用するCityNextは、都市とその住民が次に来るものを達成できるようにする集団的な努力である。

(Logo: リンク

マイクロソフト・ワールドワイド・パブリックセクター(Microsoft Worldwide Public Sector)のローラ・イプセン・コーポレート副社長は「都市はわれわれの生活で非常に重要な役割を果たしている-現在も、そして将来も。マイクロソフトのCityNext計画はひとびとを第1に考え、この新しい時代の協力技術を利用して市民、企業、政府の指導者を新たなやり方で関与させる。広範なマイクロソフト・パートナー・ネットワークと協力すればソリューションとサービスを『より少ない力で新たなこと』を行えるようにスケールを変えること、世界の市場における都市の競争力を高め、市民の関与を推進し、経済的、社会的、環境面の持続可能性を推し進めることができる」と語っている。

▽事業とインフラの変革
CityNextはリーダーたちが困難を克服し、目標を達成するための新たな方法を見つけるために既存の投資を最大限活用するのを助ける。新時代の革新によって都市は柔軟なクラウド・サービスを使って新たな能力を可能にし、企業グレードの機器とアプリケーションで都市の従業員の力を増し、近代的なソリューションとビッグデータ・プラットフォームでその条件を革新することができる。この革新によって重要な情報が都市の部局と政府、企業、市民の間で円滑に流れるようになり、効率が向上して都市はより多くのリソースを共同体に還流させることができるようになる。

CityNextはパートナーのソリューション、機器、サービスのエコシステムをまとめて、以下のようなものを含む多様な都市機能を接続、変革することができる。

 *エネルギーと水
 *建築、計画、インフラ
 *輸送
 *公共の安全と司法
 *観光、レクリエーション、文化
 *教育
 *健康、社会サービス
 *政府行政

CityNextの顧客であるバルセロナ(スペイン)-デジタル・イノベーターとして以前から認められている-は行政活動を強化し、市民と相互交流し、情報を透明にするためのクラウド、データ、アプリケーション利用に成功している。例えば、マイクロソフトとCityNextのパートナーであるBISmartはバルセロナ市議会と協力して、一般の人がデータにアクセスできるようにする計画のOpenData BCN(リンク)を開始した。Windows Azureクラウドを使ったOpenData BCNプラットフォームは同市についての無数の事実-人口密度や失業者総数など-を安全が強化された中央ハブに集めた。市民はWindows Storeからbigov Better City Indicators(リンク)アプリケーションをダウンロードして動向をリアルタイムでモニターすることができる。バルセロナ人はいまではビジネスをどこでスタートさせるか、家族でどこに落ち着くかなどの問題について決定を下すための情報に対するアクセスを手に入れている。

バルセロナのハビエル・トリアス市長は「マイクロソフトとは多年にわたり協力してきたし、クラウド技術と機器を通じて政府、企業、市民サービス全体の大きな技術革新を見てきた。それでもバルセロナ人を関与させ、市民の体験を強化するためにさらに多くのことができる。マイクロソフトとの緊密な協力を続け、先端的な技術、サービス、プログラムを活用してバルセロナを生活し、働き、訪れ、成功するのによりよい場所にする」と語っている。

▽市民と企業の関与
市民と企業は自分が選んだアプリケーション、機器を通じて-いつでもどこででも-市政府にアクセスし、交流できることを期待している。マイクロソフトのソフトウエア、機器、サービス・プラットフォームによって都市は市民中心手法の個人化されたサービス、アプリケーションを提供し、ソーシャルメディアによるリアルタイムの対話を可能にし、オープンデータ計画でアプリケーション開発と経済成長を刺激し、その結果として有権者はよりよいサービスを受け、自分も関与することになる。

データ主導政府への移行をリードするクラウド・ソフトウエア会社でマイクロソフト・CityNext・パートナーのSocrata Inc.はマイクロソフトと協力して、オープンデータ技術をWindows Azureクラウドプラットフォームで世界の都市に広げている。例えば、Socrataはカスタム化可能なダッシュボードを政府に提供している。市民はモバイル機器やインターネットを通じてそれぞれの都市のダッシュボードにアクセスし、自分たちのリーダーが教育、健康管理、雇用創出などの分野でどのような成果を残しているかをモニターすることができる。都市のリーダーたちは市民とリアルタイムで関わり合い、一般民衆の要求を意思決定プロセスに組み込み、共同体の最も緊急の必要に応えることができる。これに対し政府はデータ提供と市民のフィードバックをあらゆる決定に反映させ、透明性増大、共同体参加を推進することができる。

Socrataの創立者であるケビン・メリット同社最高経営責任者(CEO)は「未来志向のCityNext計画は政府のデータを開放し、市民サービスの向上のために使うという現在政府で起きている1世代で1度だけの世界的なシフトに対応するものである。簡単でなじみのあるアプリケーションと機器を通じて、政府はいまではすべての人をどこででも関与させることができる。われわれはすでに信じがたいほどの進歩を見ており、マイクロソフトと提携して世界のリーダーたちが健全な決定をし、効率を推進できるようにし、情報へのユビキタスなアクセスを求める市民の要求に彼らが応えるのを助ける」と述べている。

▽イノベーションおよび機会の加速
都市はテクノロジーだけでなく、最も重要な資源である人的資本の創造性を育てることを通じて完全な変革を実現する。マイクロソフトとパートナーは学生や教師を教育するさまざまなスキルベースのプログラムを提供し、ビジネス開発を助長し、市民が競争力のある労働力に加わる力を与える。これらプログラムは世界の至る所で、自分たちとその町のより明るい将来を育成する数百万都市住民を支援している。一例を挙げると、マイクロソフト・プログラムのYouthSpark(リンク)、BizSpark(リンク)、IT Academy(リンク)は、若者たちに伸びる労働力に加わり、起業家の大胆なアイデアを支援し、都市が世界市場で競争力を付ける助けとなる熟練労働者を生み出すよう勧める。

▽ビジョンあふれる都市
都市は今日既に、近代化に向けて歩みを進めている。事実、いくつかのビジョンあふれる都市は、彼らのコミュニティーにとって次にあるべきものを見いだし、創造する旅程に、マイクロソフトとCityNextパートナーとともに前進し始めている。これら都市はやる気のある前向きの指導者に導かれて、効率を高め、コストを削減し、より持続性のある環境を育てるために、職能上の枠を超えた協力関係を通じて、市民のためによりよいサービスを提供し、明日の可能性を実現する重要な一歩を踏み出している。それら都市は以下の通り。

 *オークランド(ニュージーランド)
 *バルセロナ(スペイン)
 *ブエノスアイレス(アルゼンチン)
 *海南省(中国)
 *ハンブルク(ドイツ)
 *マンチェスター(英国)
 *モスクワ(ロシア)
 *フィラデルフィア(米国)
 *鄭州(中国)

調査会社IDCのラスビー・エスナー・クラークSmart Cities戦略担当ディレクターは「今日の都市は部局を超えた協力関係を実現し、既存の資産を活用し、都市住民と利害関係者を巻き込み、長期的な諸問題に取り組み、調整済みの重点的投資を通じて都市問題に取り組まなければならいことを知っている。IDCのSmart City Maturity Modelによれば、多くの都市は現在、完全な変革能力を実現する10年から15年の道程の一環として、スマートテクノロジーソリューションを実現する第一段階にある。スマートシティー活動の結果は最終的に、都市がより活力のある景観と競争力ある経済を構築するため企業および市民を引きつけることができるようになる」と語った。

CityNextに関する詳しい情報はリンクを参照。

マイクロソフト(Nasdaq:MSFT)は1975年に設立され、人や企業がその潜在力を最大限に生かすソフトウエア、サービス、ソリューションを提供する世界のトップ企業である。

▽問い合わせ先
Jeanna Peterson,
Microsoft,
jeannap@microsoft.com; or
Jessica Steinhebel,
Weber Shandwick,
jsteinhebel@webershandwick.com

(編集者注)
マイクロソフト社からの情報、ニュース、概要についてはMicrosoft News Center(リンク)を参照。各種ウェブリンク、電話番号、肩書などは本リリース作成時のもので、その後変わった可能性もある。ジャーナリスト、アナリストがさらに詳しい情報を必要な場合は、マイクロソフトの Rapid Response Teamまたはウェブサイト(リンク)にあるその他適切な連絡先を参照。

ソース:Microsoft Corp.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。