logo

GPSとスマートフォン連携による「観光音声ガイドサービス」提供開始

富士ゼロックス株式会社 2013年07月10日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/7/10

富士ゼロックス株式会社

GPSとスマートフォン連携による「観光音声ガイドサービス」提供開始
地方自治体・観光協会向け/地域の活性化を支援
クラウド環境を利用して簡単に制作可能

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 忠人)は、地方自治体・観光協会向けに、GPS*1とスマートフォン*2を連携し、全国の観光地を訪れる観光客向けに、スマートフォンを利用して観光スポットの紹介を行う地域発信型の「観光音声ガイドサービス」を本日より提供いたします。

 本サービスは、地方自治体が貸し出すスマートフォン端末用のアプリケーションと、情報提供者自らがその観光ガイドコンテンツをクラウド環境で制作するためのツールで構成されています。

 地方自治体は制作ツールを利用し、あらかじめガイドしたい場所の位置情報とテキストコンテンツをクラウド上のサーバーに登録します。観光客は、アプリケーションと音声コンテンツが搭載されたスマートフォンを持ち自由に散策し、登録された観光スポットに近づくと、自動的に観光案内を聞くことができます。GPSとの連携により、タイミングよく音声ガイドを聞けるので、ストレスなく散策を楽しむことができます。

 「観光音声ガイドサービス」は、美術館や博物館などの館内で専用端末を利用したものや、パンフレットに埋め込まれた情報を認識して音声を再生する音声ペンなどが一般的で、室内のみでの利用という制限や専門業者による制作が必要でした。

 本サービスは、GPSを利用するため、屋外でも利用可能です。また制作も、ツール上で位置情報とガイドコンテンツをテキストで登録するだけなので、コンテンツの更新や修正が誰でも簡単に、かつタイムリーに行えます。

 このサービスを活用すれば、地方自治体は観光情報に加え、地元お薦めの店舗情報や道案内、また安全注意喚起情報をお知らせし、地域活性化ツールとしても利用いただけます。

*1:GPS:全地球測位システム     *2:スマートフォン:高機能携帯電話

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。