logo

民主党のオンラインパネルディスカッションサイト「声!CAFE」で、新たな政策討論テーマのパネリスト募集中!

民主党 2013年07月09日 20時07分
From PR TIMES

本日から7月20日(土)の期間に行われる新たな政策討論テーマについて、一般参加のパネリストを募集

民主党のオンラインパネルディスカッションサイト「声!CAFE」(リンク)では只今、本日から7月20日(土)の期間に行われる新たな政策討論テーマについて、一般参加のパネリストを募集中です。






「声!CAFE」は、民主党が政策を練り上げる過程で国民の皆様にご参加いただき、より暮らしに密着した政策を立案することを目的にネット上で展開している政策討論スペースです。“ネットで行うパネルディスカッション”をコンセプトに、政策テーマごとに開設されたコミュニティ(会場)に登録することで、どなたでもパネリストとしてご参加いただくことができ、これまで「格差社会における社会保障をどう考えますか?」「インターネット選挙について」など7つのテーマで、議員パネリストとの熱い議論が交わされてきました。


■パネリスト募集中の政策討論テーマについて


【A会場】

テーマ: 日本の安全保障戦略、インテリジェンス機能について

討論期間: 7月9日(火)~20日(土)

定員: 10名

議員パネリスト: 参議院議員 大野元裕  

内容: 中東をはじめ様々な地域の安全保障、軍事戦略の専門家である元防衛大臣政務官、参議院議員の大野元裕を議員パネリストに、我が国の安全保障戦略から日本版NSC(国家安全保障会議)を含むインテリジェンス機能について熟議を進める。


【B会場】

テーマ: アベノミクスの効果について

討論期間: 7月9日(火)~20日(土)

定員: 10名

議員パネリスト: 衆議院議員 玉木雄一郎/衆議院議員 田嶋要

内容: アベノミクスが実行される中、単に「アベノミクス」を批判するのではなく、世界の中で日本が置かれている情勢や社会の趨勢をしっかり見極めて、アベノミクスの効果を検証する熟議を開始する。議員パネリストは財務省出身で経済の専門家、衆議院議員 玉木雄一郎と、元経済産業大臣政務官の衆議院議員 田嶋要も「インターネット選挙」のテーマに続き登壇。


■パネリスト参加登録について
◇「声!CAFE」トップページ(リンク)より、「A」「B」いずれかの会場に入り、「パネリスト登録」ボタンをクリック。登録フォームに必要事項を記入の上、送信してください。事務局にて記載事項を確認した後、登録完了の連絡をメールいたします。

※いずれも応募者多数の場合は、居住地域、年齢等に基づき選考させていただきます。
※討論は公開で行いますので、パネラー以外の方も閲覧可能です。


<ご 参 考>
■これまでに行われた討論テーマについて
◇インターネット選挙について [6月25日~7月7日]
  議員パネリスト:衆議院議員 田嶋要/参議院議員 石橋通宏
◇安全保障と領土問題について [6月25日~7月7日]
  議員パネリスト:衆議院議員 長島昭久
◇「クリエイティブ・クラス」の振興策について [6月10日~6月23日]
  議員パネリスト:参議院議員 樽井良和/衆議院議員 長妻昭
◇高校・大学生の学費負担と大学入試のあり方について [6月10日~6月23日]
  議員パネリスト:参議院議員 鈴木寛/衆議院議員 笠浩史
◇女子のホンネ 仕事、家庭、子育て、女と男…理想と現実 [6月3日~6月23日]
  議員パネリスト:衆議院議員 菊田真紀子/衆議院議員 泉健太/参議院議員 林久美子/衆議院議員 柚木道義
◇首都直下地震:発災72時間 国が最優先で行うべきことは? [5月27日~6月9日]
  議員パネリスト:衆議院議員 馬淵澄夫/衆議院議員 三日月大造
◇格差社会における社会保障をどう考えますか? [5月27日~6月9日]
  議員パネリスト:衆議院議員 長妻昭/衆議院議員 山井和則


民主党の新しい「リアル&ネット」アクション
歩く・聴く・つなぐ

 民主党の基本活動は、昨年の衆院選後より続けている「地域から歩く、聴く」プロジェクトです。海江田代表、細野幹事長を筆頭に、民主党に所属する議員が全国各地をひたすら歩き、生活者の皆さまと向き合い、直接お話を伺う中から、新しい政治を創ろうと日々活動に取り組んでいます。
 この活動の発展形として、ネットコミュニケーション体制を整え、ネット選挙運動解禁を機に「歩く・聴く・つなぐ」プロジェクトをスタートさせます。これは、インターネットを有効活用して、一人でも多くの生活者の声を聴き、一つでも多く形にしていく、言ってみれば「再び、地域から。」で始まった私たちの新しい地域活動です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事