logo

福島県に「地域連携型太陽光発電所」建設~環境学習の場として広く開放、災害時には電力を無償提供~

日本グリーンパックス株式会社 2013年07月10日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月10日

日本グリーンパックス株式会社

日本グリーンパックス、福島県に「地域連携型太陽光発電所」建設
~環境学習の場として広く開放、災害時には電力を無償提供~

 環境負荷低減、環境保全指向商品の開発・販売を中心に事業を展開する日本グリーンパックス株式会社(本社:京都府長岡京市城の里10-9、代表取締役:山中利一)は、福島県岩瀬郡鏡石町に300kWの太陽光発電所を建設し、2013年7月9日(火)より稼働を開始いたしました。また、2013年11月完成予定で、同敷地内に50kWの2号発電所を建設中です。


 当発電所では、当社が国内販売代理を行っている韓国ハンソルテクニクス製の250W単結晶モジュール1,200枚を採用しました。年間発電電力量は約332,130kWhを想定し、これは一般家庭約100世帯分に相当します。
 また、年間のCO2削減効果は約104,455kgを見込んでいます。これは、約7,461本の杉の木を植えた場合のCO2吸収量と同等の効果です。


太陽光発電所設立の背景
 
 東日本大震災以降、自然災害発生時の電力供給不足への懸念が広がると共に、再生可能エネルギーの普及・促進が各地で図られています。
 当社では、当発電所を「地域連携型太陽光発電所」と位置づけ、今後下記の取り組みを通じて、売電事業に留まらない新たな事業モデルを確立していきます。

(1)災害時に防災拠点として開放し、2号発電所の電力を無償提供
(2)周辺地域の教育機関・NPOに環境学習の場として開放
(3)各種の検証を行い、より効率的な太陽光発電設備設計のための技術・ノウハウを蓄積


 また、鏡石町太陽光発電所の設立に際して、当社の太陽光発電関連事業に関するウェブサイトを立ち上げました。今後、各種の取り組みについて随時情報を発信していきます。

ウェブサイトURL
リンク


 なお、7月10日~12日に東京ビックサイトで行われる オフィス総合展2013内の「第4回エコオフィス/エコ工場EXPO」及び、7月10日・11日に福岡国際センターで行われる「九州エコフェア2013」に、太陽光発電システムを出展致します。

会期中、ぜひ当社ブースにお越しください。

第4回エコオフィス/エコ工場EXPO 詳細 :リンク 
開催期間 : 2013年7月10日~7月12日
当社出展ブース : 西2ホール ブース番号10-16

九州エコフェア2013 詳細 :リンク 
開催期間 :2013年7月10日・7月11日
当社出展ブース : B1-4




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事