logo

Office365やGoogle Appsに対応したメール暗号化のVPS対応製品の発売

株式会社ムービット(東京都北区、代表取締役:谷地田 工)は、メール添付ファイルの暗号化アプライアンス製品「Powered BLUE メールプラス」について、Office365やGoogle Appsに対応した仮想化専用サーバー(VPS)の発売を開始します。

■製品の概要
メール添付ファイルのZIP暗号化やダウンロード機能およびインターネットサーバー機能を持つアプライアンス製品
「Powered BLUE メールプラス」について、Office365やGoogle Apps利用時に連携して運用ができる、仮想化専用
サーバー(VPS)での発売を開始します。
これによりOffice365やGoogle Appsを利用時に、添付ファイルのZIP暗号化やWebダウンロードでの送信、メールに
添付できない大容量ファイルの送受信、メールのルーティング、メールの2重配送、メールログなどの各種処理を
仮想専用サーバ(VPS)上で自社の管理権限で運用することができます。


■製品の特徴
・メールサーバー連携
 Office365やGoogle Appsの他、通常のメールサーバーなどの連携に対応
 中継時に添付ファイルの自動ZIP暗号化やURLダウンロード処理、メールの2重配送処理
 大容量ファイルの送受信機能

・クラウド上の仮想化専用サーバー(VPS)を丸ごと1台、お客様権限で運用できます

・インターネットサーバー機能
 Mail/web/DNS/ftp/Syslogなどの機能までを1台で運用
 SSLの証明書の発行(サーバーの自己証明書)

・冗長構成での運用も可能


■価格
・15,000円/月から (50名・初期費用別)


■販売開始
・2013年7月22日

※Powered BLUE メールプラス(VPS) の詳細は以下のURLでご覧いただけます。
  リンク

 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。






【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ムービット
担当者名:谷地田 工
TEL:03-5390-3553
Email:info@mubit.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。