logo

千趣会がTeradata 2700とTeradata Asterを活用したビッグデータ分析基盤を導入決定

日本テラデータ株式会社 2013年07月09日 11時02分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月9日

日本テラデータ株式会社

千趣会がTeradata 2700とTeradata Asterを活用したビッグデータ分析基盤を導入決定
-Teradata UDAをベースに、Webログなど多構造化データ分析へも対応-

日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)は、当社のデータウェアハウス用アプライアンス・モデルの最新機種「Teradata Data Warehouse Appliance 2700(以下Teradata 2700)」とビッグデータ分析プラットフォーム「Teradata Aster Big Analytics Appliance(以下Teradata Aster)」を通信販売大手の株式会社千趣会(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田邉道夫、以下千趣会)が導入を決定したことを発表します。

新システムは、ビッグデータ活用を推進する新しい情報分析基盤として2013年9月(Teradata Asterは12月)から稼働する予定です。千趣会ではTeradataとTeradata Aster、Apache Hadoopを連携させるアーキテクチャ、Teradata Unified Data Architecture(TM)(以下Teradata UDA)を採用することで、顧客や商品情報などの構造化データとWebログ、テキスト、画像などの多構造化データを総合的に分析する環境を順次整備していきます。

千趣会では、1995年の導入以来、グループ会社を含む2000人近い従業員がTeradataを顧客管理、カタログ発行や商品管理などに活用していますが、データ量の増加および分析内容の複雑化により、パフォーマンス低下やディスク容量不足といった課題が発生していました。また高度な分析を行う専門部署からは、カタログ販売、ネット通販およびコールセンターなど複数のチャネルで発生するデータを統合して顧客行動をきめ細かく把握するといった、新しい分析方法に対応できるシステムへの要求が高まっていました。そのため、従来システムの更改時期に合わせて、パフォーマンスの向上およびディスク容量の大幅な増加を図るとともに、多構造化データへの対応も可能な分析環境を新たに構築することになりました。
今回Teradataの再導入決定にあたっては、Teradata UDAによる将来的な分析対象拡張の可能性と、日本テラデータが提供する海外での先進的なノウハウに基づいたビッグデータ活用支援も評価されています。

千趣会の新システムでは、Teradata Asterで通販サイトのWebログやメールマガジンへの反応などを分析し、その結果をTeradata 2700にも取り込んで顧客情報や購買履歴などと合わせて総合的に活用します。顧客行動予測では、従来の購買に基づいた実需ベースの予測から、サイトの閲覧履歴も使ったより精度の高い予測へと進化させていくほか、送付するカタログの種類や時期を顧客ニーズに合わせてきめ細かく管理し、さらなるサービス向上とコスト削減を図ります。また、Teradata Asterに搭載されている関数群Aster SQL-MapReduceを利用することで、複雑なプログラムの開発をせずにSQLの知識だけでデータベース内部でさまざまな多構造化データ分析を行うことが可能になることから、データ活用の高度化が期待されています。

以上

# # #

■当プレスリリースはこちら リンクに掲載しています。
リンク

【参考情報】

■Teradata Unified Data Architecture リンク (TM)
Teradata UDA は、統合データウェアハウスの Teradata、ビッグデータ分析プラットフォームの Teradata Aster、そしてオープンソースの Apache Hadoopの 3つのデータ・プラットフォームを相補的に活用するために、プラットフォームへの透過的なアクセスやプラットフォーム間での自在なデータ移動、さらに各プラットフォームの一元的な管理を実現するアーキテクチャです。
リンク  

■多構造化データ リンク
Webログやテキストデータも各単体では構造をもったデータであることから、非構造化ではなく多構造化と呼びます。
リンク

■Aster SQL-MapReduce リンク
Aster SQL-MapReduce は、基本的に SQL の文法で記述されます。Aster に事前に用意されている約70の MapReduce関数もしくは開発者が Java などで記述し、Aster内に配備した MapReduce関数を SQL文の中で呼出し実行することで処理がなされます。代表的な関数は、シーケンシャルな物事の順序や経路を分析するための nPath関数、順序に基づいて番号を付与していく Sessionize関数、文章などのデータをキーワードに分解する Tokenize関数などが用意されています。
リンク

# # #

◆ テラデータ・コーポレーションについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商標です。 Aster SQL-MapReduceは、米国テラデータ・コーポレーションの登録商標です。Apache Hadoopは、Apache Software Foundationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。