logo

TOYOTA×STUDIO4℃ presents 「PES」、「PES NEXT GENERATION LIVE!」イベントレポート

株式会社トヨタモーターセールス&マーケティング 2013年07月15日 20時44分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/7/7

TOYOTA×STUDIO4℃ presents 「PES (Peace Eco Smile)」、「花の精」現る!大観衆が興奮の渦に包まれた!「PES NEXT GENERATION LIVE!」イベントレポート

 (株)トヨタモーターセールス & マーケティング(以下、TMSM)は、7月6日(土)、ライブイベント「PES NEXT GENERATION LIVE! TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA」を主催。新作アニメーションの物語の鍵を握る神秘的な新キャラクター「花の精」に扮したUnaが「LONELY FLOWER」を歌い上げました。国内外で人気のアーティスト、May'n、アーバンギャルド、そしてNIGHTMARE等が集結し、会場を熱狂の渦に包みました。

TMSMは、Toytoyota project(後述)でのコンテンツ制作やイベント施策、ブランド訴求を通じて"みんなが行きたくなる未来"を一緒につくっていきたいと考えています。
そのための新たなエネルギーは人間が感動する心や好奇心であり、映像や音楽はそれを発動する源であると考え、新作アニメーションや、ミュージッククリップを制作しました。
これらの映像や音楽をリアルなライブで行うことでアーティスト、観客そして我々が、つながることができ、さらに大きなエネルギーになると考えています。これらのミュージッククリップやライブイベントはリアルな場での提供にとどまらず、デジタル(ウェブやyoutube等)でも伝えて行きます。
本プロジェクトでは、今度発表する本編映像に向けて、ヒトやモノ、場所など様々な形でコラボレーションを展開し、こうした有機的なつながり"クロス・コラボレーション"でメッセージを発信してゆくべく、今回は、14回目となる欧州最大の日本見本市「JAPAN EXPO」(2013年7月4日-7日)にSTUDIO4℃とのアニメーション・コラボ・プロジェクト「PES (Peace Eco Smile)」にて出展しております。

PES (Peace Eco Smile): リンク


<PES NEXT GENERATION LIVE!TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANA レポート!>
毎年、国内外で話題のJ-POPアーティストが登壇してきたJ.E.LIVE HOUSEで、ライブイベント「PES NEXT GENERATION LIVE!」を開催。Unaが「PES」とコラボレーションした楽曲「LONELY FLOWER」を披露したほか、国内外で人気絶頂のMay’nやNIGHTMAREが登場。日本カルチャーを愛するフランスの観客を盛り上げました!また、ライブイベントでは豪華商品が当たる抽選会も実施しました。

出演(ステージ登壇順):
May'n
『マクロスF』、『アクセル・ワールド』など、数多くのアニメ、ゲーム主題歌をその圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで歌い上げる、今もっとも注目の新世代Female Rock Vocalist。
リンク

アーバンギャルド
二十一世紀東京生まれの 「トラウマテクノポップ」バンド。楽曲のみならずアートワークやPVなど総ての作品を松永自身が手がけるパーソナルな創作集団でもある。今回イベントでは、フランスにまつわるクイズイベントに挑戦!
リンク

Una
カワイイだけじゃない原宿の“クール”な部分を表現出来るモデルとして、今までにない新しい青文字(原宿)系モデルのスタイルを確立したUnaは、2013年8月14日にシングル「JUICY JUICY」でアーティストデビューも決定している。国内外で評価の高い窪岡俊之監督によるPESプロジェクトの新作アニメーション作品とのコラボ楽曲「LONELY FLOWER」を披露。
リンク

NIGHTMARE
インディーズ時代に発売した限定デモテープやシングルを次々と完売させ、2003年8月に「-Believe-」でメジャー・デビュー。2012年3月、前年12月からのロングツアー「Nightmarish reality」のファイナルとして自身4度目となる日本武道館公演を成功させ、本年1月には最新アルバム「SCUMS」を発売。全国ツアー「beautiful SCUMS」で大成功を収める。国内外で今、最注目のバンド。
リンク

MC: 麻生夏子(Japan in Motion メインパーソナリティ) リンク
SUZUKA (NOLIFE)、Caroline SEGARRA (NOLIFE)、A応P(アニメ応援プロジェクト)
--------------------------------------------------------------------------------------------
■TOYOTA×STUDIO4℃ meets ANAブース展開
NaSuBiトリック・アート、さわれるNaSuBi、不思議生命体NaSuBiのNaSuBi珠 的あてゲームなど、遊び心が満載の仕掛け盛りだくさんで、フランスの観客にリアルとバーチャルの融合した空間をお楽しみいただいています。

●窪岡俊之監督、田中達之監督によるスペシャルサイン会も開催しました!
※写真があれば。
--------------------------------------------------------------------------------------------
◆PES (Peace Eco Smile) と IS JAPAN COOL? の出会い
グローバル企業の各社が、それぞれの製品やサービスを通じてではなく、共通するコンセプトをもったコンテンツ同士(PES (Peace Eco Smile) × IS JAPAN COOL?)を通じて、新たなコラボレーションを展開。それぞれが世界に発信する日本独創のコンテンツと価値を融合することで化学反応を起こし、互いの根底に流れるジャパン・スピリットを伝えていきます。

◆IS JAPAN COOL? by ANA
リンク
「IS JAPAN COOL?」は様々なカルチャーやデスティネーションの魅力を掘り下げ、
世界に発信することを目的としたプロジェクトです。7月4日、新たにリリースした「DREAMS」では、「PES」をコンテンツのひとつとして紹介するなど、日本を代表する文化といえるアニメ、マンガ、ゲームの世界を掘り下げています。2012年2月公開のSason1では日本全国の魅力をひろく紹介し、Season2では「東京」「沖縄」といった全く異なる魅力を持つ 2都市と、日本固有のサブカルチャーである「コスプレ」も特集。そして、Season3では、「TRADITIONS」、「KAWAII」、「RAMEN」が追加され、多様な「日本の魅力」を紹介し続けています。
--------------------------------------------------------------------------------------------
◆ToyToyotaプロジェクト:『PES』コンセプト リンク
 元来、ヒトは移動することで、成長し、経験し、進化してきました。その移動をプロデュースする商品としてのクルマであったはずが、いつの間にか性能や複雑な機能で語られることが多くなり、本来の移動による喜びは価値として認識されなくなってきています。そこで、グローバルでトヨタブランドを伝えることを念頭につくられた子会社であるTMSMは、「TOYOTA」の社名の中に潜む、人々の楽しみやトキメキといった気持ちの原点である「TOY(=おもちゃ)」をコンセプトに、そうした「移動の喜び」を発信するプロジェクトとして「ToyToyota」を立ち上げました。
そしてクルマの本質的な価値を、オリジナルキャラクターを使ったアニメーションで伝えていこうと2012年に誕生したのが「PES (Peace Eco Smile)」。常に、独創的、ハイクオリティな映像表現に挑むクリエーター集団STUDIO4℃とのコラボにより、クオリティの高いオリジナル・アニメーション制作を実現しています。
 2013年は「NEXT GENERATION PES (Peace Eco Smile) CROSS COLLABORATION」を掲げ、作品では、監督と伝えたい思いや意義でコラボレーションし、また音楽やコンテンツ作りでは多様なコンテンツを通じ、ヒトやモノ、場所など様々な形でコラボレーションを展開。有機的なつながりでメッセージを発信していきます。
 現代の大量消費や経済的効率主義への危惧に対して今なにを考え選択し変えていけば「みんなが行きたくなる未来」を一緒に作っていけるのか。そのための新たなエネルギーは、実は、人間の心の中にあり、音楽はそれを発動させるための源であると考え、新作アニメーションとともにミュージッククリップを制作しています。
アニメや音楽の力は、言葉や国の壁を超越して、多様な文化、文明を理解しあい勇気や癒しをあたえてくれる、ミラクルエネルギーであると信じています。PES (Peace Eco Smile) は新たなエネルギーであり、いつでも実現可能な未来に続く道でありたいと考えています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。