logo

樋口真嗣監督 企画番組「特撮国宝‐TOKUHO‐」イベント 8月3日(土)秋葉原で開催決定!

日本映画衛星放送株式会社 2013年07月04日 21時31分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013.7.4

日本映画衛星放送株式会社
日本映画専門チャンネル

日本映画専門チャンネルpresents
「燃えよ特撮!祭 2013」
樋口真嗣監督 企画番組「特撮国宝‐TOKUHO‐」イベント
8月3日(土)@秋葉原 一日限りの特撮イベント開催決定!

スカパー!、ケーブルTV、ひかりTVほかで放送中の日本映画専門チャンネル(東京都港区/代表取締役社長・杉田成道)では、『特撮』という日本の文化を後世に残す活動の一環として、多くの特撮作品の放送、企画番組の制作を行って参りました。そしてこのたび、当活動の象徴となる一日限りの特撮イベント 「燃えよ特撮!祭 2013」《日時:8月3日(土)/会場:秋葉原UDXシアター》を開催することが決定しました。

イベント最大の目玉は1980年に日本テレビ系で放送され、特撮ファンの間で今なお語り継がれるスペクタクルドラマ「東京大地震マグニチュード8.1」(97分)を16mmフィルムで行う上映会。また、上映後には樋口監督と、ゴジラなど多数の特撮作品を手掛け、本作でも特撮監督を務めた川北紘一氏、アニメ・特撮評論家の氷川竜介氏の3者によるスペシャルトークショーを開催いたします。

33年振りに公開される当作品は、1980年に日本テレビ「木曜ゴールデンドラマ」枠で放送。テレビドラマとしては破格な1.5億円をかけて制作されたと言われる当作品は、トークゲストの川北紘一氏が特撮監督を担当。特撮による繊細かつ大胆な地震災害の描写と、西村潔監督による巨大地震に見舞われた東京とそれを生き延びようとする人々の人間ドラマを描いた、まさに埋もれた特撮の名作と言えます。

今回のイベントは幼き頃から特撮好きで、その後も特撮にかかわる幾多の仕事に携わってきた樋口監督と、特撮の父と呼ばれる川北氏の“多くの方にこの作品を観てもらい、特撮の素晴らしさに触れて欲しい”という強い想いによって実現しました。このイベントの模様は、「USTREAM」により世界へ配信する予定です。日本の文化遺産「特撮」を再評価するイベントに是非ご参加ください。

日時:2013年8月3日(土)13:30開場 14:00開演(17:30終了)
場所:秋葉原UDXシアター(東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX4F)
主催:日本映画衛星放送(日本映画専門チャンネル)
募集期間:7/1(月)~7/24(水)18:00締切
応募方法:日本映画専門チャンネル「特撮国宝」ホームページ、「特撮国宝」公式Facebookからのインターネット受付

【樋口真嗣プロフィール】
1965年9月22日生まれ。1984年「ゴジラ」で怪獣造形に携わることで映画界入り。1995年には特技監督を務めた「ガメラ 大怪獣空中決戦」で日本アカデミー賞特別賞特殊技術賞を受賞。その後も「ローレライ」「日本沈没」「のぼうの城」といった作品で監督を務める。観る者を圧倒させるような大迫力の映像を生み出し続ける、現在の日本特撮界の第一人者である。

視聴方法:スカパー!(BSデジタル放送 BSch.255)/スカパー!HD(ch.634)/
スカパー!(ch.707)、スカパー!光/ひかりTV/auひかり/ケーブルTV
視聴可能世帯数:約760万世帯(2013年6月末調べ)
日本映画専門チャンネル公式HP:リンク 
日本映画専門チャンネル公式Twitter::@nihoneiga
「特撮国宝」公式HP:リンク 
公式Facebook:リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事