logo

電通、中央アジア5カ国における2014・2016のオリンピック競技大会の放送権を取得

株式会社電通 2013年07月04日 18時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年7月4日

株式会社 電通

電通、中央アジア5カ国における2014・2016のオリンピック競技大会の放送権を取得

 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直、資本金:589億6,710万円)は、中央アジアでのスポーツコンテンツの人気の高まりを受け、同地域のスポーツマーケティング活動に積極的に取り組むために、国際オリンピック委員会(IOC)からオリンピックの放送に関わる権利を取得いたしました。

 具体的には、第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ロシア・ソチ)と第31回オリンピック競技大会(2016/ブラジル・リオデジャネイロ)の中央アジア5カ国(カザフスタン、キルギスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、ウズベキスタン)における放送に関わる権利です。

対象となるのは、テレビ、ラジオ、インターネットを含むすべてのメディアで、今後当社は、現地放送局などに対して放送権のセールスを行ってまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。