logo

阿久悠記念館 来場者3万人記念イベント  「“甲子園の詩”を語るー阿久悠の紡いだあの名勝負―」を開催

明治大学 2013年07月02日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/07/02

明治大学

阿久悠記念館 来場者3万人記念イベント
「“甲子園の詩”を語るー阿久悠の紡いだあの名勝負―」を開催
阿久悠の「甲子園の詩」と熱闘の舞台を、伝説の元高校球児・審判・記者たちが語る!

 明治大学阿久悠記念館は、2011年10月の開館以来、時代を見つめ言葉を紡ぎ続けた阿久悠(本学文学部卒)の思いと仕事を紹介してきました。このたび、記念館では来館者3万人を記念したトークイベント「“甲子園の詩”を語る―阿久悠の紡いだあの名勝負―」を開催いたします。
 1979(昭和54)年から2006(平成18)年までの28年間、阿久悠は夏の甲子園に視線を注ぎ、合計363篇の詩を紡ぎました。スポーツニッポンに毎年連載された「甲子園の詩」が一冊の本(幻戯書房刊 7月25日発売予定)として世に出るこの夏、詩にうたわれた名勝負の関係者が集い、「阿久と甲子園」を語ります。 
 また、本イベントと連動して企画展示を開催いたします。


【日  時】2013年7月20日(土) 14時から(15時30分終了予定)
【場  所】明治大学駿河台キャンパス リバティタワー9階 1096教室
【主  催】明治大学
【協  力】株式会社 阿久悠/スポーツニッポン新聞社/幻戯書房
【企画制作】オフィス・トゥー・ワン
【定 員 数】150名(先着順。要事前申込)入場無料
【申 込 先】明治大学史資料センター 03-3296-4085
     (受付時間 月~金※祝日除く9時30分~17時)

<出席者紹介>
林 清一
 第73回(91年)から第93回大会(11年)まで夏の甲子園のアンパイア。史上初のサヨナラボークとして知られる第80回大会(1998年)豊田大谷対宇部商などで主審を務めた。

宮内 正英
 スポーツニッポン記者として「甲子園の詩」を担当。

藤田 修平
 元宇部商投手。第80回甲子園大会豊田大谷対宇部商戦で延長15回を熱投。

榊 寿之(司会)
 元NHKアナウンサー。スポーツアナウンサーを経て、「ラジオ深夜便」「にほんごであそぼ」を担当。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事