logo

ファイルマネジメントサービス「BAZA CLOUD」が、 マイクロソフトの「Windows Azure」および「Active Directoryフェデレーションサービス」とのサービス連携を開始

株式会社ウェイズジャパン 2013年07月02日 11時00分
From PR TIMES

株式会社ウェイズジャパンは、様々なストレージサービス上のファイルの一元管理と効果的な活用を支援する、クラウドファイルマネジメントサービス「BAZA CLOUD」と、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドサービス「Windows Azure ストレージ※1」および「Active Directory フェデレーション サービス(以下ADFS)※1」とのサービス連携を開始いたします。


株式会社ウェイズジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役:関根 文彦、サルキシャン アラム、以下ウェイズジャパン)は、様々なストレージサービス上のファイルの一元管理と効果的な活用を支援する、クラウドファイルマネジメントサービス「BAZA CLOUD」と、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、以下 日本マイクロソフト)が提供するクラウドサービス「Windows Azure ストレージ※1」および「Active Directory フェデレーション サービス(以下ADFS)※1」とのサービス連携を開始いたします。


■キャンペーンサイトURL リンク

__________________________________________________________________________________________________

サービス連携の内容1.:Windows Azure ストレージ連携
__________________________________________________________________________________________________

「BAZA CLOUD」独自の機能である『ストレージ連携機能』は、アップロードしたファイルの保存領域を外部ストレージサービスに設定できます。
外部ストレージサービス上にアップロードされたファイルは「BAZA CLOUD」を通じ「検索・閲覧・共有」といったファイル活用を促す様々な機能を「パソコン」や「タブレット」といった様々な端末から利用することができます。
このたび、この『ストレージ連携機能』の接続先として「Windows Azure ストレージ」を選択することが可能となりました。
これにより利用者は、複数のデータセンターに分散・冗長化された高信頼なシステム「Windows Azure ストレージ」を利用し、「アップロードファイルの自動暗号化」やログイン時やファイル配信時に利用できる「認証強化機能」を活用し、企業で利用するファイルのセキュリティ向上をサポートすることができます。

__________________________________________________________________________________________________

サービス連携の内容2.:ADFS連携
__________________________________________________________________________________________________

クラウド型サービス市場の活性化と共に、オフィス内だけに留まらず社外からもクラウド型サービスへ接続させるケースが増えてきています。これにより、従来の社内システムへのリモートアクセスに加えてクラウド型サービスも並行して利用できるようになり、ユーザの社外業務の幅が広がりました。一方で、ユーザはクラウド型サービスと社内システムそれぞれアクセスする度に認証を強いられるため手間がかかり、そのことが、クラウド型サービスが企業利用で浸透されていかない障害のひとつと言われています。
「BAZA CLOUD」は、認証連携プロトコルであるSAML(Security Assertion Markup Language)にも対応しており、この度、Webベースのシングルサインオン(SSO)ソリューションである「ADFS」との認証連携を、SAML2.0 SP-initiated 方式で動作検証を完了しました。
今回の「ADFS」との認証連携により、既存のActive Directory を使用して、クラウド型サービスである「BAZA CLOUD」への認証が可能となり、アクセス時の負荷を軽減することになります。
また、日本マイクロソフトが提供している「Office 365※1」との連携も今秋にリリースを予定しております。「Office 365」との連携により、例えば「Microsoft Word」で作成したファイルを終了時に「BAZA CLOUD」に自動アップロードし、またそのファイルを「BAZA CLOUD」内で検索して「Microsoft SharePoint※1」を使ってユーザ間でより簡単に共有することが可能になります。

__________________________________________________________________________________________________

BAZA CLOUD(バザクラウド)とは
__________________________________________________________________________________________________

「BAZA CLOUD」はMicrosoft Office※1 に代表される文書ファイルや写真・動画音声といったメディアファイルをクラウド上で管理し、パソコン、スマートフォン、タブレット端末、携帯電話などの様々なデバイスからの活用をサポートします。
また、様々なクラウドストレージサービスと保存領域や機能の連携を図ることにより、中小企業の求める「機能性」「コスト」「セキュリティ」といった様々な要望に柔軟に対応することの可能なクラウドファイルマネジメントサービスです。

__________________________________________________________________________________________________

BAZA CLOUDの機能
__________________________________________________________________________________________________

■ファイル活用支援
・パソコン(エクスプローラ)からBAZA CLOUDをドライブとしてマウント可能。
 ※ドライブマウントにはWebDAVプロトコルを使用しています。
・ 「一目でわかる」ことに重点を置いた使いやすいインターフェイス
・ ファイルを開かず確認できる「オンラインプレビュー機能」
・ 効果的な検索をサポートする様々な「検索機能」と、それを支える「ファイル情報自動解析機能」
 &「自動タグ付機能」を搭載


■セキュリティ強化
・ 「Symantec(TM) Validation & ID Protection※2」を利用した「二要素認証」によるログインセキュリティの強化
・ アップロードファイルは自動的に暗号化
・ 「ファイルのURL化」と「多要素認証」による、ファイル共有時のセキュリティ強化
・ 各種権限管理機能&ログ解析機能を搭載

 BAZA CLOUDホームページ リンク

__________________________________________________________________________________________________

日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント
__________________________________________________________________________________________________

日本マイクロソフトは、株式会社ウェイズジャパン様の「BAZA CLOUD」のWindows Azureへの対応、ならびにActive Directory フェデレーション サービスとの連携ソリューションの提供を歓迎いたします。同システム上で提供されるドキュメントやデジタルデータ管理のソリューションを通して、Windows Azure の持つメリットが最大限に活かされることを期待しております。今後も日本マイクロソフトはウェイズジャパン様と連携し、企業システムで活用されるスマートフォンやタブレット端末も含めた、機密かつ大容量なファイルマネジメントを実現するクラウドソリューションの市場拡大を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
マーケティング&オペレーションズ部門
サーバープラットフォームビジネス本部
業務執行役員 本部長
梅田 成二

製品をご愛用いただいております全てのお客様に感謝するとともに、「BAZA CLOUD」をより多くの皆様に活用いただけるよう、今後とも付加価値の向上に努めてまいります。

以上


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※1  Microsoft、Windows Azure、Active Directory、Office 365、SharePointは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
※2 シマンテック(Symantec)およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation)またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
※ その他の名称もそれぞれの所有者による商標または登録商標である可能性があります。

__________________________________________________________________________________________________

株式会社ウェイズジャパンについて
__________________________________________________________________________________________________
株式会社ウェイズジャパンは2001年の創業当初より、ファイルの共有・管理を実現する Enterprise Content Managementシステム「BAZA」の開発およびクラウドサービス事業を展開しております。詳細は リンク をご参照ください。

__________________________________________________________________________________________________

報道機関からのお問い合わせ
__________________________________________________________________________________________________
株式会社ウェイズジャパン
Tel:03-3266-6752 e-mail:cloud@baza.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事