logo

OKI、タブレット端末対応アプリケーション「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」の販売を開始

ビデオ会議システム「Visual Nexus(R)」の活用シーンを拡大

Tokyo, July 1, 2013 - ( JCN Newswire ) - OKIは、ビデオ会議システム「Visual Nexus(R)(ビジュアルネクサス)」に対応するAndroidタブレット版ビデオ会議アプリケーション「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」を同システムのラインアップに加え、本日より販売を開始します。「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」はOKIと携帯端末用ソフトウェアの開発を行っているOKI ACCESSテクノロジーズ(東京都千代田区、社長:繁田好章)が共同開発しました。本アプリケーションの利用により、企業での導入が進むタブレット端末を使いモバイル環境から簡単かつ安全に「Visual Nexus」によるビデオ会議に参加することが可能になります。また、2013年12月にはiPad対応版の販売も開始する予定です。

2012年国内におけるタブレット端末の出荷台数は前年比91.3%増の462万台(IDC Japan 2013年3月27日 プレスリリース「2012年第4四半期および2012年 国内モバイルデバイス市場規模を発表」)に達し、企業ユーザーにおけるタブレット端末の導入も拡大しています。タブレット端末は企業ユーザーにおいてはEメールや社内情報の閲覧の他、販売促進資料の閲覧などタブレット端末の画面サイズを活かした用途での導入が進んでいます。

このような状況に着目し、今回販売を開始する「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」はタブレット端末上での高画質なビデオ会議を実現し、企業での普及が進むタブレット端末の新たな使い方として、以下のような様々なビジネスシーンでのビデオ会議の活用を可能にします。

(1) 遠隔コンサルティング

営業担当者が顧客訪問先で、社内にいるSEや専門コンサルタントと顧客を交えてビデオ会議での面談をすることで、より効果的な営業活動が可能になります。また、社内の端末から各種の資料をタブレット端末上に表示しながら会話をすることが可能です。

(2) 現場や本部間のコミュニケーション

工場や建設現場などで、現場監督者がタブレット端末を持って構内を自由に移動しながら現地の様子や課題について、本部と情報共有することが可能です。タブレット端末のフロントカメラとリアカメラの切り替えが通話中にできるため、通話者本人の映像だけでなく、通話者が現地の様子や特定の対象物を映しながら会話をすることが可能です。

(3) モバイル会議

出張や外出など移動の多い担当者でも、タブレット端末を持ち歩くことで無線LANやモバイル接続でいつでもどこからでも社内の会議に参加することができます。

(4) BCP対策

災害や事故などが発生したときに、外出先や遠隔地の拠点から現地の担当者が持つタブレット端末で対策本部主催のビデオ会議に出席し、現地の様子をカメラで共有し、対策を検討することができます。

OKIは、ビデオ会議システムとタブレット端末の導入を推進する企業ユーザーに対し、高品質で使い勝手の良いビデオ会議アプリケーションとして「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」を提供し、多様化する企業のコミュニケーションニーズに応え、ビデオ会議の活用シーンを拡大するソリューション提案をしてまいります。

【販売計画】

標準価格: Visual Nexus Endpoint Mobile for Android 10ユーザーライセンス 25万円(税別)
※上記ライセンスの他、別途Visual Nexusシステムへの接続のためモバイル連携アプリケーションの導入が必要です。

出荷時期: 2013年7月29日

販売目標: 2013年度に累計で1000社(「Visual Nexus」累計)

【「Visual Nexus Endpoint Mobile for Android」の主な仕様】

- 対応OS: Android 4.0 / 4.1
- 映像コーデック: H.264
- 音声コーデック: G.711、MPEG-4 AAC
- 最大解像度:CIF(送信)、w432P(受信)
- カメラ:フロントカメラ/リアカメラ 切替可能
- 資料共有:H.239形式の資料共有映像の受信が可能

【「Visual Nexus」の主な特長】

「Visual Nexus」は、モバイル端末/PC/ビデオ会議専用端末による高品位な音声・映像・データを使ったIPコミュニケーションを実現するビデオ会議システムです。最大16画面まで表示可能な多画面分割機能やプレゼンス機能、データ共有などのほか、SD/HD端末が混在する環境にも対応しており、「Visual Nexus」を導入することで、オフィス内はもちろん、自宅や出張先からも、「いつでも、どこでも、誰とでも、セキュアに」音声・映像・データを使ったコミュニケーションが可能になり、離れた拠点間との情報共有と素早い意思決定を支援します。また、ビデオ会議の国際標準規格であるH.323に準拠し、異なるメーカーのビデオ会議専用機が混在するような環境においてもサーバー、端末間の相互接続性に優れています。

商品紹介サイト: リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 山本
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
通信システム事業本部 企業ネットワークシステム事業部
ビジュアルネクサスBU 営業チーム
電話: 03-5445-6012
URL: リンク
e-mail: info-jp@visualnexus.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。