logo

WEB GALLERY 2012-13 総集編 2013年7月1日(月)~7月31日(水)

株式会社リクルートホールディングス 2013年07月01日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン(リンク)」では、2013年7月1日(月)より7月31日(水)の期間、「WEB GALLERY 2012-13 総集編」を開催いたします。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■「WEB GALLERY 2012-13 総集編」概要
――――――――――――――――――――
若手作家11名の作品を一挙公開
「WEB GALLERY」は、ウェブサイト限定で公開する展覧会です。これまでガーディアン・ガーデンと関わりのある作家の作品を毎月ひとりずつ、1ヶ月間限定でご紹介してきました。この総集編では、直近1年間分の計11作品を一挙にご覧いただけます。


――――――――――――――――――――
■11作品(VOL.13-23)内容紹介
――――――――――――――――――――
VOL.13
ナガバサヨ(美術作家)
「2011.1- 2012.5」
2012年8月1日(水)~8月31日(金)
チラシ裏紙などのつるつるした面にカラフルなモチーフを描き、チラシの表面の情報が透けて写り込むことまでも表現に取り込み作品化。

VOL.14
飯塚修太(写真家)
「STILL PICTURE」
2012年9月1日(土)~9月30日(日)
光るモニター画面上で作品を見せることを強く意識して、イメージの支持体をテーマに制作。自ら撮影した映像やウェブ上で見つけたイメージをとり混ぜて構成した意欲作。

VOL.15
高松徳男(イラストレーター)
「ニューペインティング・アンド・サムシング」
2012年10月1日(月)~10月31日(水)
まるでしりとりや連想ゲームをするように即興的な作風。コラージュされたように重なって見える作品も、実はすべて紙の上にマーカーやアクリルで描かれた平面的なもの。

VOL.16
中井菜央(写真家)
「『またね』なんて、なかった。」
2012年11月1日(木)~11月30日(金)
被写体であったひとりの友人の死をきっかけに、同世代の女性たちのポートレートを撮ることを通して、死に対する不安やどうしようもない怖さを、見つめた作品。

VOL.17
増子博子(現代美術作家)
「野放図」
2012年12月1日(土)~12月31日(月)
1枚の「絵の種」からスタートして、左右上下に紙を継ぎ足しながら盆栽を育てていくように描き広げられた作品。ペンで細密に描き込まれた生命力あふれる画面。

VOL.18
下西進(美術作家)
「I'm under the sky」
2013年1月1日(土)~1月31日(木)
ヘリウム風船に搭載したカメラで、広島、江ノ島、渋谷、ドイツ・ワイマールの上空から地上の様子を俯瞰撮影。2005年から取り組んでいるプロジェクトの一部を紹介。

VOL.19
矢野大二郎(アーティスト)
「レイヴン ワルツ -カラスとワルツを-」
2013年2月1日(金)~2月28日(木)
希望や自由、反抗の象徴として描かれたカラス。水彩絵具、アクリル絵具、スプレー塗料、マーカーペン、色鉛筆などで描かれたインティングやドローイング。

VOL.20
奥山美由紀(写真作家)
「残像」
2013年3月1日(金)~3月31日(日)
現実の風景写真と、自ら創り出したミニチュア模型による風景写真とを組み合わせて展開したモノクロームの世界。人間の潜在的な恐れや危うさの記憶を呼び覚まします。

VOL.21
北村人(イラストレーター)
「川崎市東生田一丁目」
2013年4月1日(月)~4月30日(火)
400字詰めの原稿用紙に立ち上がるのは、まるで誰かに宛てた手紙のような、日記のような世界。かつて住んでいた川崎市東生田の町をモチーフに描かれた日常のひとコマ。

VOL.22
佐藤航嗣(フォトグラファー)
「えんの外」
2013年5月1日(水)~5月31日(金)
まわりの世界からはみ出したような感覚と、幻のような記憶の連なり。そうした感情をいまあらためて俯瞰することで紡ぎ出された作品。

VOL.23
小笠原徹(イラストレーター)
「感覚のコラージュと編集」
2013年6月1日(土)~6月30日(日)
思うまま偶発的に手を動かす中で形や色が不意に繋がる瞬間。手法や画材に試行錯誤する過程。すべてひっくるめて楽しみながらペイントとコラージュを織り交ぜた作品。


▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――
リクルートホールディングスは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。 
「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。
展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。
1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。
また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。
グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

▼リクルートホールディングスについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。