logo

<目立たない歯科矯正治療> 軽度の不正咬合をリーズナブルに治療できる「インビザライン i7」発売

アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社 2013年07月01日 10時00分
From Digital PR Platform



 透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療「インビザライン・システム」を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都目黒区、代表取締役:福村敏夫)は、2013年7月1日(月)、「インビザライン i7(アイセブン)」を販売開始いたします。

 「インビザライン i7」は、軽度の不正咬合や後戻り症例を対象とした治療オプションです。A-P(前後的)改善を必要としない範囲で、第一小臼歯間(両顎計16本)の歯牙を最大7ステージ(3.5ヶ月)のアライナーで移動します。軽度の不正咬合に対して一般的に行われる犬歯間(両顎計12本)の矯正治療よりも、高い仕上りが期待できます。

 より治療期間の長い複雑な症例を対象とした「インビザライン・フル」と比べて、適応部位が第一小臼歯間に限定されるのみで歯牙移動における臨床上の制限はほとんどなく、3次元動画を用いた「クリンチェック治療計画」や歯牙移動の予測実現性を高める「スマートフォース機能」も同様に利用できます。


<お問い合わせ先>
アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社 カスタマーケア
TEL:0120-944-187 (平日10:00~17:00)
E-mail:info-japan@aligntech.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。