logo

◎Future Pipe Industries GroupがスペインのProtesaを買収

Future Pipe Industries Group (FPIG) 2013年06月28日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Future Pipe Industries GroupがスペインのProtesaを買収

AsiaNet 53556
共同JBN 0781 (2013.6.28)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2013年6月27日PRN=共同JBN】Future Pipe Industries Group(FPIG)はこのほど世界成長戦略推進の一環として、Protesaの商標名でグラスファイバー・パイプを製造している Protecciones Plasticas, S.A.U株式の全量を取得した。

Protesaはスペインのバルセロナに本拠を置く企業で、スペインのサラゴサ、インドのプネ、モロッコのジョルフ・ラスファールに生産施設がある。今回の買収はFPIGの複合パイプ事業にとって大きな付加となり、欧州および北西アフリカ、中南米における水利、脱塩、産業用、インフラ分野を中心にした顧客サービスを大幅に向上させるほか、FPIGとしては初めてインドにも生産施設を有することになる。

Future Pipe Industries Groupのファウド・マフゾウミ会長兼最高経営責任者(CEO)は「この買収は、中心市場である湾岸諸国から多様な外部市場に展開する当社の戦略を推進する上で重要な一歩となる。Protesaはガラス繊維強化ポリエステル(GRP)複合パイプシステムを50年以上にわたって生産しており、この分野における主要企業の一つであるとともに、欧州、北米そして世界各地に強力な顧客ネットワークを持っている。このためわれわれとしては、この買収を完了できたのを非常に喜んでおり、買収が拡大しつつあるわが企業グループに潜在的な力をもたらし、特に欧州のGRP専門工場の顧客向けサービスが大幅に向上することに興奮を覚えている」と述べ次のように語った。

「Protesaの買収によって当社の組織的拡大は続き、同時に当社の力の及ぶ範囲が世界的に広げられるよう他の補完的ビジネスの買収も続けていく。今年4月に当社はSpecialty Plastics, Inc.(SPI)を買収しており、今回は今年2件目の買収案件となる」

▽FPIGについて
Future Pipe Industries Groupは1984年設立され、その後防食グラスファイバーパイプ・システム設計・製造分野の世界的リーダーになった。FPIGは石油ガス、海事、工業、インフラストラクチャーの各分野におけるさまざまなアプリケーション向けとしてコンプレックス・エンジニアリング・プロジェクトの完全な製品群およびソリューションを提供している。FPIGは現在3500人以上の従業員を雇用し、世界で9カ所の工場を運営、50カ国以上で300以上の主要顧客にサービスを提供している。

リンクリンク

▽Protesaについて
ProtesaはGRPパイプの研究、設計、生産、販売、設置・接合などを目的に、1959年に創立されたスペイン企業。

Protesaは下水網、廃水処理プラント、上水供給網、伝送経路、かんがい網、浄水化プラント、発電プラント、脱塩プラント、防火システム、産業界など先端技術ソリューションが求められる分野で活動している。

Protesaは現在、熟練技能を持つ従業員を285人抱えており、オーストラリア、チリ、アルジェリア、モロッコ、パナマ、英国、フランス、スイスなど世界各地で大規模プロジェクトを進めている。さらにドイツ、フランス、オランダ、イタリア、ブルガリア、英国、チェコ、ポルトガル、オーストラリアなどの国々で国際的な代理店網を有している。

リンクリンク

ソース:Future Pipe Industries Group (FPIG)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事