logo

◎2013年度CGAP写真コンテストの作品募集を開始

CGAP 2013年06月27日 16時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎2013年度CGAP写真コンテストの作品募集を開始

AsiaNet 53540
共同JBN 0772 (2013.6.27)

【ワシントン2013年6月27日PRN=共同JBN】アマチュア、プロを問わず、世界中の写真家による金融包摂(フィナンシャル・インクルージョン)をめぐる優れた作品を対象とするCGAPフォトコンテストが、2013年度の応募を受け付けている。応募作品は全てオンラインでの提出とし、期間は6月26日から10月2日までに、ウェブサイトcgap.org/photocontest(リンク)まで。

 (Photo: リンク
 (Logo: リンク

主催者側が期待しているのは、貧しい生活をしている人々の金融にかかわる複雑な生活と、金融包摂がどのような違いをもたらすかを描き出す独創的で感動的な写真である。写真の主題としては一連の金融商品、金融制度、そしてファイナンス手法となろうが、多岐にわたる社会、経済、開発、さらにはテクノロジーの課題に触れるものでもよい。主催者は応募が世界の全地域にまたがり、村落と都市両方の環境をカバーするよう奨励する。貧しい家庭が家計をやりくりするさまざまな方法を紹介する写真を共有することによって、作品応募者は、生活向上のために金融サービスを利用することによるイノベーションと工夫の物語を教えてくれることに役立つ。

これまで行われたコンテストは(リンク)目を見晴らせる独創的写真を生み出し、金融包摂や世界中のメディアの分野にある組織と共有された。昨年のコンテストはこれまでで最も競争が激しく、80カ国から2500作品が応募した。優勝作品はトルコの元銀行員、ヤブズ・サリイルディズ(Yavuz Sariyildiz)氏が応募した作品「木炭の煙(Smoke of Charcoal)」で、世界中で卓越した写真として受け入れられた。同作品はPR Newswireによってニューヨークのタイムズスクエアで展示され、トルコの新聞2紙が掲載し、BBCベトナムのウェブサイトのアート面に公開されている。

2013年には優勝、2等賞、3等賞など数多くの賞が授与される予定である。「ピープルズ・チョイス(People’s Choice)」賞の決定を支援するため、気に入った作品をぜひオンライン投票を。

応募全作品、公式規定、必要条件、賞の内容はウェブサイトリンクを参照。さらに、Twitter @cgap(リンク)、Facebook (リンク)で最新情報を入手できる。

▽CGAPについて
Consultative Group to Assist the Poor (貧困層支援協議グループ)は、誰でも生活向上のために必要とする金融サービスにアクセスできるような世界を実現するために活動している。

CGAPは実務的な研究調査と金融サービスの提供者、政策立案者、資金供与者との積極的な関わりを通じて金融包摂のための革新的なソリューションを開発している。CGAPは1995年に創設され、本部を世界銀行に置いており、貧しい人々がファイナンスにアクセスする道を広げるため、実際的なアプローチと市場の発展を科学的な根拠に基づく支援プラットフォームに結び付けている。

▽ソース:CGAP

▽問い合わせ先
Erin Scronce
+1-202-473-3082
escronce@worldbank.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。