logo

eラーニングコンテンツを簡単に作成するツールの最新版をサムライズがリリース

株式会社サムライズ(東京都中央区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下、サムライズ)は、Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(米国カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEO:シャンタヌ・ナラヤン、以下、アドビ システムズ社)製『Adobe Presenter 9』を、2013年6月25日より日本市場で販売開始いたしました。

Adobe Presenter は、 Microsoft PowerPointで作ったプレゼンテーションを簡単にeラーニングコンテンツへ変換することが可能なアドインツールです。
また、作成したe-ラーニングコンテンツの効果を高めるために、ビデオ・音声の編集、アニメーション・クイズ作成などを行うことが可能です。
今回のバージョンアップで、ビデオ、音声に関する機能強化、Microsoft Windows8ならびにOffice 2013対応などが行われ、より高度な編集が可能となりました。
サムライズでは、eラーニングプラットホームであるAdobe Connect と今回発表されたAdobe Presenter 9を併用することによる、表現力豊かなオンライン講義の実現をご提案いたします。


■Adobe Presenter 9の主な特徴

◇高度なビデオ制作機能
マウスによる簡単な操作のみで画面上のコンテンツとWebカメラ映像を同時にキャプチャすることにより、スタジオ品質のビデオ制作が実現できます。
これによりお客様は、高度なビデオ作成のための時間やコストを最低限に抑えることが可能になります。

◇簡単なビデオ編集
制作したビデオを簡単に編集できます。また、内蔵の音声フィルターとビデオフィルターにより、色、照明、音声の要素を自動的に調整し、ビデオの品質を高めることが可能です。
これによりお客様は、ポストプロダクションにかかる時間を短縮することが可能になります。

◇直感的なインターフェース
特別なトレーニングや専門知識は必要ありません。お客様は直感的なインターフェイスに従って、効果的なe-ラーニングコンテンツの作成からパブリッシュまでを遂行することが可能になります。

◇双方向コミュニケーションの実現
ドラッグ&ドロップで参加するゲーム、クイズ、ラーニングモジュールをe-ラーニングコンテンツに追加することにより、双方向コミニュケーションを可能にします。
また、応答の受け入れまたは拒否の方法を選択し、ユーザーへの各操作に対する音声フィードバックすることも可能になります。

◇アクセシビリティ(ユーザー補助機能)のサポート
大幅に拡張されたアクセシビリティ機能のサポートで公共機関、教育機関などのアクセシビリティ基準を満たすコースを簡単に作成できます。
プラットホームとして、Microsoft Windows8に対応するとともに、オブジェクト、アニメーション、マルチメディアを含むMicrosoft PowerPoint 2013のスライドを、表現力豊かなe-ラーニングコンテンツに変換することが可能です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事