logo

正直、読み方が分からないままやり過ごしている単語がある人は何%いた?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年06月26日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する3000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「最適」。「正直、読み方が分からないまま今までやり過ごしている単語はある?」「Facebook、どちらでログインすることが多い?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:正直、読み方が分からないまま今までやり過ごしている単語はある?
――――――――――――――――――――
ある・・・86%
ない・・・14%

読み方が分からないまま過ごしてきた単語が「ある」と答えた人は86%、「ない」と答えた人は14%という結果になりました。大多数を占めた「ある」派は、漢字はもちろん、欧文単語の略語でもよく分からないために何となく放置していることが少なくないようです。「ない」派では、分からなかったらとりあえず調べる!という非常に前向きな人が多くいました。電子辞書も普及していますし、PCやケータイ・スマホがあればいつでもネットで調べる手段がある昨今ですから、その姿勢はもっともなことかもしれません。しかし高年齢層では、同じ単語を何度も調べている・・・というやや笑えない状況に陥っている方も。実際のところ、読めなくて恥はかいても致命的に困るような状況はそう多くありませんが、それを自分で許せるか許せないか?というところが焦点になるのかもしれませんね。

<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●上司の下の名前の読み方がわからない。今さら聞けない。(30代・男性)
●「読み方が分からない」というより、「こう読むだろう」と思って覚えていた単語が間違っていることが多いです。(30代・女性)
●IT業界にいながら、最近まで脆弱を「だじゃく」と読んでいました。あいたたたっ。(40代・男性)

【「ない」派のコメント】
●小学生の頃、城下町を「しろげちょう」と読んで大恥をかいて以来トラウマです。読めない漢字は即ググらなきゃ!(20代・女性)
●その場で調べるように、子供にも部下にも言っているので、本人がそれを実践しなければなりません。(50代・男性)
●読めない漢字があるなんて日本人として恥ずかしすぎる!(30代・女性)

▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:Facebook、どちらでログインすることが多い?
――――――――――――――――――――
PC・・・・・・・・・・70%
携帯電話・スマホ・・・30%

国内でのユーザ数が130万人を超える(2013年5月時点)というFacebook。そんなFacebookにログインするとき、「PC」からという人が70%、「携帯電話・スマホ」からという人は30%という結果になりました。「PC」派は、Facebook画面の見やすさ、文字入力のしやすさをメリットに挙げる人が多かったです。また「携帯電話・スマホ」派は、場所を問わずに閲覧・投稿できる点や、撮影した写真のアップロードがしやすいことをメリットに挙げる人が多くいました。今のところ落ち着いて閲覧・文字入力できるPCのほうに軍配が上がる状況のようです。
※このアンケートでは、Facebookのアカウントを持っていないために「無回答」という方が少なくありませんでした。回答が空欄の場合には集計から除外させていただいておりますのでご了承下さい。

<コメント(一部抜粋)>
【「PC」派のコメント】
●ガラケーだし、ケチなのでパケット使いたくないし・・・時代に取り残されっぱなしです。(20代・女性)
●携帯、スマホは入力にも閲覧にも物足りない。(30代・男性)
●文字入力するときは、やはりPCのキーボードの方がストレスを感じません。それに、セキュリティ面からもPCの方が安心です。(50代・男性)

【「携帯電話・スマホ」派のコメント】
●FacebookだけでなくSNS自体、電車の中や寝る前など合間の時間にちょこちょこ見ることが多いのでスマホが圧倒的に多いです。(30代・女性)
●そもそも仕事で強制的にアカウントを取らされ、今でも喫煙休憩時のヒマ潰しという位置付けでしかないので、わざわざPCを開いて見るようなものではありません。(40代・男性)
●スマホでたまに覗きますが、あんなリア充ツールは使いこなせない。(30代・男性)


▼その他の「PC」派、「携帯電話・スマホ」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年5月30日~2013年6月5日
○有効回答数:392
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の”いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆仕事中のコミュニケーション手段、メールと会話、どちらが中心?
リンク

◆社内のグループウェア、オンプレ・クラウドそれぞれ何%いた?
リンク

◆こだわりの差が!会社でPC使用時、マウスはコード?ワイヤレス?
リンク


◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。