logo

SCSKのモバイル開発環境「Caede」に 手書き認識入力機能を提供開始

株式会社MetaMoJiは、SCSK株式会社が提供するモバイル開発環境「Caede(カエデ)」と、MetaMoJiが提供するiPad用手書き文字入力プラットフォーム「7notes Pad+WC」との連携を実現しました。今回の技術連携により、「Caede」で開発したアプリケーションで、手書きによる文字入力が可能となりました。

2013年6月25日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiがSCSKのモバイル開発環境「Caede」に手書き認識入力機能を提供開始

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川和宣、以下:MetaMoJi)は、SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中井戸 信英、以下:SCSK)が提供するモバイル開発環境「Caede(カエデ)」と、MetaMoJiが提供するiPad用手書き文字入力プラットフォーム「7notes Pad+WC」との連携を実現しました。

「Caede」は、Curl*言語で開発されたソースからモバイルモジュール(HTML5, CSS, JavaScript)を生成する Translator, Framework, Library および Eclipse プラグインを提供します。従来のモバイル開発に比べて、よりスマートにシンプルに、スマートフォンのアプリケーション開発を行うことができます。

今回の技術連携により、「Caede」で開発したアプリケーションで、手書きによる文字入力が可能となりました。「Caede」で開発されたリッチなインターフェースを持つアプリケーションに手書きによる入力インターフェースが加わることで、これまでITデバイスの導入が困難であった様々な業務現場にもスマートデバイスの導入が可能になります。

MetaMoJiでは、今後SCSKと共同プロモーションを行ってまいります。第一弾として、『「Caede」×「7notes Pad+WC」コラボレーションセミナー』(開催日:2013年7月2日、場所:SCSK豊洲本社、主催:SCSK株式会社 共催:株式会社MetaMoJi)をSCSKと共同で開催し、「Caede」で作成した手書き入力ができるモバイルアプリケーションをご紹介します。
リンク

MetaMoJiは、今後もスマートデバイスの手書き入力環境を提供することにより、お客様のモバイル活用を推進してまいります。

* Curl は、マサチューセッツ工科大学(MIT)の共同プロジェクトで開発されたウェブコンテンツ用のプログラミング言語。HTMLに比べ表現力の高いウェブを効率的に制作できるのが特徴。

■ Caedeについて
「Caede」は、国内大手500社以上の豊富な開発導入実績のあるクロスプラットフォームRIA開発環境「Curl」のモバイル開発環境製品です。14種類のモバイル画面テンプレートとサンプルウィザードにより、優れたユーザーインターフェース表現をもつ画面が簡単かつ素早く開発できることを実現しています。
リンク

■7notes Pad+WCについて
MetaMoJiが開発したタブレット向け文字入力エンジンにより、iPad上で手書き入力を求めるユーザーや、キーボードに不慣れなお客様のニーズに合わせて、ストレスの少ない手書き入力を実現するアプリケーションです。これまで、キーボードの操作がボトルネックとなりシステム化が困難だった業務システムを簡単に実現します。 リンク

※MetaMoJiの法人向け製品サイトはこちらをご覧ください。
リンク

■SCSK株式会社について
SCSK株式会社は、システム開発から、ITインフラ構築、ITマネジメント、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)、ITハード・ソフト販売まで、ビジネスに必要なすべてのITサービスをフルラインナップでご提供します。また、住友商事をはじめとするお客様の世界各国におけるITシステム・ネットワークのサポート実績を活かし、グローバルITサービスカンパニーとして、さらなる飛躍を目指してまいります。
リンク

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(見える化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指しています。キーボードを前提としたこれまでのPCに比べ、タッチスクリーンと、より洗練されたインターフェースを持つタブレット端末では、人間とコンピュータの間の距離をもっと縮めることができると考えています。MetaMoJiは、こうした端末の進化を最大限に享受できる新しいデジタルノートアプリを開発しています。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。