logo

保育家具ショールーム「トラウムラント」がグランドオープン 2013年7月1日 大阪府吹田市に

株式会社アネビー 2013年06月24日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年6月24日

株式会社アネビー

保育室の環境改善への挑戦 保育を福祉サービスから幼児教育へ
保育家具ショールーム「トラウムラント」がグランドオープン

 園庭遊具や室内遊具を扱う株式会社アネビー リンク(東京・渋谷、代表取締役・熊尾重治、電話・03-3465-4828、リンク)は、ドイツHABA(ハバ)社の室内遊具、保育家具を展示・販売するショールーム「traumland(トラウムラント~夢の国~)」を2013年7月1日(月)大阪府吹田市にグランドオープンいたします。
リンク

◆背景

 今年度より待機児童解消のため認定こども園の推進、認可保育所への株式会社参入の大幅前倒しを含め、乳幼児教育施設のあり方が大きく変わります。

 即ち園舎は既存建物の活用、園庭のない保育園の設置、一方地方では数園の合併による園舎の大型化などがこれにあたります。これに伴い保育室のあり様も変わってきます。
 発達の観点からも全身を使って遊びこむことの重要性が指摘されており、お昼寝や食事をする部屋を除いては、どの部屋も全身を使って遊べる室内遊具を設置した部屋とする必要があります。またこれらが困難な保育室の場合はプレイルームの充実が必須となります。

◆どんなショールーム?

 ショールーム「トラウムラント」は、プレイハウスを中心とした室内遊具や選りすぐりの保育家具を集めた、保育環境づくりや幼児教育を専門に扱うこれまでに無いカタチのショールームです。館内には未来の保育室設計のためにも、子どもの遊び場を必要とするショッピングセンター等の設計にも十分に役立つ展示やアイディアが詰まっています。
■HABA社製プレイハウス(保育遊具)16台をはじめ優れた保育家具・備品を展示:
カタログだけでは分からない質感や実際のサイズを見て、触れてご確認頂けます。

 また以下のサービスもご用意しております。その場でより具体的に保育室のイメージをカタチにすることが可能です。
■CADモデリングサービス:
設計士や施主様のご要望に応じて、既存のカタログモデルをカスタマイズできます。
平面図/展開図(データ・紙焼き)を元に、専用CADにて簡易平面図・簡易立面図・CGパース・カスタマイズ後のスペックをまとめた資料をその場で作成。また設計士にはそれらをCADデータ・画像データにて提供可能です。設置先の空間に対する納まり、見映えのチェックにも役立ちます。



一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社アネビー
マーケティング部 担当:山口
Tel: 03-3465-4828   Fax: 03-3465-7781   Email: t_yamaguchi@aneby.co.jp mailto:t_yamaguchi@aneby.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事