logo

透析が必要かもと言われたら・・・これからの生活がシュミレーション出来る新コンテンツ公開

NPO法人 腎臓サポート協会 2013年06月24日 13時54分
From Digital PR Platform


“そろそろ透析が必要です”と医師より告げられたら、様々な不安や疑問が頭をよぎることと思います。
「透析を始めたら日常生活はどう変わるのか」
「食事制限はどうなるのか」
「体調は良くなるのか」

 今までしていたことや、将来やりたいことをあきらめないといけないという気持ちになる方もいるでしょう。しかし、透析を始めても、趣味を楽しんだり、仕事を続けたり、旅行に行ったりと、充実した生活を送っている方もたくさんいます。

 腎不全の治療法について具体的に考える前に、まずは、自分の生活について考えてみることが重要です。生活を振り返り、優先したいこと、大切にしたいこと、不安なことなど、考えを整理すると、医療スタッフや家族に相談する際に役に立ちます。

 透析は何年もつづく治療でライフスタイルに影響してきます。患者さんが医療者に自分の価値観や考え方を伝える、わからないことを放置しないなど、積極的に治療の選択に参加することで、納得して治療法を選択できるようになると期待されています。

 そこで、腎臓サポート協会ではこの度、患者さんがご自分の生活を振り返り、希望や不安を整理するためのツールを作成しました。WEB上でガイドに沿って進めていくと、医療スタッフや家族に相談する際に持参できるシートが完成します。
是非、ご活用ください!

▼生活振り返りシートを作ってみる▼
リンク


―――――――――――――――
■このツールで出来ること
―――――――――――――――
<日常生活を整理>
・自分の生活を簡単に振り返る
・役割や将来の希望を考える
・透析についての不安を挙げてみる

<生活表で生活パターンを振り返り>
・1週間の生活を詳しく振り返る
・透析にかかる一般的な時間を確認できる
※生活表では、自分の生活パターンと、血液透析、腹膜透析の治療にかかる一般的な時間を照らし合わせてみることができます。

<相談お助けシート完成>
・印刷して、病院や家族への相談の時に持参しましょう


「そろそろ透析」といわれたら、、、これからのことを考えてみましょう
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事