logo

国内初の「LINE@」公式ガイドブックが登場! LINEで集客できる新サービスの運用ノウハウが満載



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土田米一)は、6月28日(金)より『LINE@公式ガイド 繁盛店につながる集客・運営 小さなお店の店長・スタッフが実践すべき新・100の法則。』を発売いたします。


『LINE@公式ガイド 繁盛店につながる集客・運営
小さなお店の店長・スタッフが実践すべき新・100の法則。』

著者:株式会社トライバルメディアハウス(松田かおり/植原正太郎)
価格:2,310円 (本体2,200円+税)
発売日:2013年6月28日発売
ページ数:224P
サイズ:B5変型判
発行:インプレスジャパン
ISBN:978-4-8443-3413-2
詳細・ご購入:リンク


国内で4500万人以上(2013年6月現在)が利用する大人気の無料通話・メッセージアプリ「LINE」(ライン)。そのLINE上で、中小規模のお店がアカウントを持てるビジネスアカウントサービス「LINE@」(ラインアット)が2012年12月にLINE株式会社よりリリースされました。月額5,250円という安価でお店の公式アカウントを開設でき、多くのユーザーが毎日欠かさず利用するLINEに、直接お店からのメッセージや画像、クーポンを届けられるようになります。新しいプロモーションの手法として、飲食・小売・アパレル・美容などの店舗オーナーから大きな注目を集めています。


(※LINE@サービスイメージ)

本書は、LINE株式会社様の協力のもとに制作された国内初のLINE@公式ガイドブックです。小さなお店やチェーン店がどのようにLINE@を活用し、集客につなげるのか。導入から運営までを100のノウハウで解説しています。


■ 本書の特徴
LINE@は、お店のメッセージやクーポンをお客さまに確実に届けられ、集客に直結しやすいことが大きな長所です。まだ始まったばかりの新しいサービスですが、先行して活用している企業に徹底した取材を行い、LINE@を活用してどのように集客に結びつけているのか、実例に基づいたノウハウを掲載しています。ファッションブランドやショッピングモールから地域に根付いた商売を行うお店まで、さまざまな活用事例をまとめることで、LINE@の運用ノウハウを体系化した初めての書籍となります。

また、本書は、これまでに多数のソーシャルメディアマーケティングを支援してきた株式会社トライバルメディアハウス様により執筆されていることも特徴です。お店の課題に合わせた運用方針の設定から、データの分析による効果測定まで、お店におけるソーシャルメディアの活用に必要な考え方のすべてをサポートしています。豊富な図解による解説で、インターネットを通じたマーケティングに精通していなくても、お店の店長やスタッフの皆様がすぐに実践できます。


(※紙面イメージ)


■ LINE株式会社様からのメッセージ
このたびは、LINE@公式ガイドブックを出版していただく運びとなり、大変うれしく思います。
近年、O2O(オンラインサービスを利用してお客様を実店舗に集客する手法のこと)の注目度は非常に高まってきています。最初に申し上げておきますと、「LINE」はO2Oのために作ったサービスではありません。それなのに、なぜ、O2Oに活用できるのか?
「LINE」は、家族や友人とメッセージをやりとりするコミュニケーションが基盤となっているため、ユーザーは非常にアクティブに「LINE」を利用します。だからこそ、企業や店舗から届いたメッセージも自然に目に留まり、お得な情報が届いていたらその足でお店に向かってくれる可能性が高いのです。
このガイドブックを参考にしてLINE@をご活用いただければ、LINEが提唱する新しいO2Oマーケティングの可能性を実感いただけるのではないかと思います。
(LINE株式会社 LINEチーム)

■ 本書の構成
第1章 LINE@を理解して戦略を立てる法則
第2章 運用する前の準備・設定の法則
第3章 店舗やWebで友だちを獲得する法則
第4章 確実に読まれるメッセージを届ける法則
第5章 お客さまとの継続した関係を作る法則
第6章 売り上げを伸ばすクーポン配信の法則
第7章 データを分析して運用を改善する法則
第8章 お店の力を結集して運用効果を上げる法則

■ 著者プロフィール
株式会社トライバルメディアハウス
ソーシャルメディアマーケティングのコンサルティング、運用支援、プロモーション運用、効果測定システムの開発・販売などを手がける専門会社。キリンビール、P&G、トヨタ自動車、JAL、日清食品ホールディングス、江崎グリコ、JR 東日本、セガ、伊藤ハム、ユー・エス・ジェイ、リクルート、日本マイクロソフト、トリンプインターナショナルなどの支援実績を持つ。
Webサイト:リンク

松田かおり(まつた・かおり)
株式会社トライバルメディアハウス SMM コンサルティング部 チーフ シニアコンサルタント。中小企業診断士。トライバルメディアハウスに入社後、ソーシャルメディアマーケティングの黎明期から大手クライアントのプロモーション支援に従事する。その後、現部署の立ち上げに伴いコンサルタントとなり、戦略策定や運用支援などの多数のプロジェクトを率いる。現在はチームリーダーとしてコンサルタントを束ねる傍ら、LINE@の開設・運用支援サービスなどの新規プロジェクトを立ち上げ、牽引している。共著に「Facebookマーケティング戦略」(翔泳社)がある。

植原正太郎(うえはら・しょうたろう)
株式会社トライバルメディアハウス SMM コンサルティング部 アナリスト。慶応義塾大学理工学部卒業後、トライバルメディアハウスに入社。国内外のデジタルマーケティングに関する最先端の動向の調査や分析に携わり、1年目からクライアントのマーケティング戦略策定やコミュニケーションプランニングにおいて重要な役割を担う。ライターとしても活動し、講談社現代ビジネス「ソーシャライズ!」での連載、ウェブマガジン「greenz.jp」での執筆を通じて、テクノロジーによる社会の変革について発信している。

■ LINE@について
無料通話・無料メールアプリ「LINE」が、飲食店などの店舗や、テレビ・雑誌などのメディア、地方自治体などの公共団体向けに提供するビジネスアカウントサービスです。LINEを通じて顧客にメッセージやクーポン・セール情報などを直接配信することが可能です。メッセージはプッシュ型で通知されるため閲覧率が高く、来店促進や購買拡大につなげることができます。
(LINE株式会社様より)

■ LINE株式会社について
LINE株式会社では、無料通話・無料メールアプリ「LINE」を筆頭に、検索サービス「NAVER」、 キュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」、総合ニュースサイト「livedoor ニュース」、 国内最大級のブログサービス「livedoor Blog」などを展開しています。
(LINE株式会社様より)


【株式会社インプレスジャパン】 http:/www.impressjapan.jp/
シリーズ4,000万部を突破したパソコン解説書「できるシリーズ」などの書籍や、「DOS/V POWER REPORT」「デジタルカメラマガジン」「Androider+(アンドロイダープラス)」などの雑誌の発行を行い、IT、PC、デジタル製品等を使いこなすための情報を求める一般消費者向け(B to C)事業として、IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。


≪本件に関するお問い合せ先≫
株式会社インプレスジャパン 広報担当 TEL:03-5275-9200
E-mail:ij-info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。