logo

◎TOEFL、TOEICテスト 英語力評価の世界標準に

Educational Testing Service 2013年06月24日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎TOEFL、TOEICテスト 英語力評価の世界標準に

AsiaNet 53437
共同JBN0729 (2013.6.24)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2013年6月21日PRN=共同JBN】Educational Testing Service(ETS、リンク)は2012年、TOEFL(登録商標、リンク)およびTOEIC(登録商標、リンク)を通じて約800万件の英語力のアセスメントを行った。これらのアセスメント結果は150カ国で2万2000を超える団体機関によって利用されている。

(Logo: リンク

世界には20億人近くの英語を話す人がおり、英語は地域、文化、言語が異なる人たちにとって互いにコミュニケーションをはかる国際語としてますます重要性を増している。そのため、世界中の職場や教育機関にとって英語の習熟度を評価する必要性は引き続き増大している。英語力のアセスメントで世界をリードするETSのTOEFLおよびTOEICテストは、この需要に応えている。

ETSの副社長で同社世界部門の最高執行責任者(COO)デービッド・ハント氏は「世界のビジネス、教育、政府機関は激しい競争環境で成果を出せる優秀な人材を採用する必要に迫られている。TOEFLおよびTOEICテストを利用すればこれらの機関は、応募者が国境を越えて効果的にコミュニケーションができる能力を持っているか判断する材料を手に入れることができる」と述べた。

TOEFLテストは今や国際基準になっており、8500を超える単科大学、大学、国家機関によって大学レベルの英語習熟度を測定する目的で利用されている。さらに、TOEFLテストはリスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの技術すべてを勉強のためにどの程度使いこなせるか測定している。このアセスメントは世界中すべての個人を対象に英語の習熟度を測定する包括的で信頼性の高いツールになっている。

これに対してTOEICテストは個人の職場における英語の習熟度を評価するための国際基準で、就職希望者に対して彼らの英語力が職業環境でどの程度使えるものか測定する。現在、1万4000近くの団体組織が労働力を強化する目的でTOEICのスコアを利用している。さらに、求職者の側でも厳しい就職戦線で自分を差別化するための手段としてTOEICのスコアを利用している。

TOEICのアセスメントは英語力を4部門すべてにわたって測定し、受験者の長所、短所が記述されるため、雇用する側にとっては採用や職場の配置など重要な決定をする際の材料になる。さらに、TOEICテストは標準化されているため、団体機関は世界のどの国、地域から採用した従業員でも彼らのTOEICのスコアをどこに配置し、教育し、昇進させるか決める材料として使うことが可能だ。

TOEFLプログラムについての詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。TOEICプログラムについての詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

▽TOEFLテストについて
TOEFLテストは世界で最も広く使われている英語の評価テストで、オーストラリア、英国、カナダ、米国を含む130カ国以上の8500を超える団体機関によって採用されている。現在までに2700万人を超える学生がTOEFLテストを受けている。TOEFLテストについての詳しい情報はウェブサイト(www.ets.org/toefl)を参照。

▽TOEICテストについて
30年以上にわたってTOEIC テストは職場における英語コミュニケーション能力を測定するグローバルスタンダードになっている。TOEICリスニング・リーディング・テスト、TOEIC スピーキング・ライティング・テスト、TOEIC Bridge(商標)テストを含め、各種のTOEICテストが150カ国、約14000の企業、団体、政府機関に利用されている。2012年には世界各地で700万件近くのテストが実施され、職場で最もスケールが大きく、最も幅広く利用された英語検定試験の立場を不動のものとした。TOEICテストと他のTOEICサービスについての詳しい情報はウェブサイト(www.ets.org/toeic)を参照。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいたアセスメント評価を創造することで、世界の人々に対する高品質で公平な教育の提供を推進している。ETSは個人、教育機関、政府機関を対象に教職課程、英語学習、初等・中等、中等後教育に向けたソリューションをカスタマイズすることに加え、教育分野の研究、分析、政策研究を行っている。ETSは1947年に非営利団体とし創設され、現在は世界180カ国以上の9000を越える場所で年に5000万件以上のテストを行い採点しているが、その中にはTOEFL(登録商標)およびTOEIC(登録商標)テスト、GRE(登録商標)テスト、The Praxis Series(商標)アセスメントが含まれる。
www.ets.org

ソース:Educational Testing Service

▽問い合わせ先
Becky Ford,
+1-609-683-2092,
mediacontacts@ets.org,

Jason Baran,
+1-609-683-2428,
mediacontacts@ets.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事