logo

初登場!Androidネイティブアプリ 「眠らぬ街のシンデレラ by 女子ゲー」 6月20日配信開始

株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:津谷祐司)は、恋ゲーム「眠らぬ街のシンデレラ by 女子ゲー」をAndroidネイティブアプリとして、 2013年6月20日(木)より、提供を開始しました。
本アプリは、iOS・Android搭載端末向けWebアプリとして提供中の「眠らぬ街のシンデレラ 」のソーシャルアプリをAndroidネイティブアプリ化したものです。これにより、Google Playよりダウンロードして、AndroidのHOME画面にアイコンを設置すれば、ワンタッチでアプリを起動できるようになりました。



「眠らぬ街のシンデレラ 」は、 2010年9月に携帯キャリア公式月額サービスとして配信開始して以来、高い人気を誇っており、2012年2月には岡田将生さん出演のTVCMでも話題になりました。昨今では、英語翻訳版 「Seduced in the Sleepless City」や、イラストやストーリーを北米仕様・英語版にした「Glass Stilettos in Manhattan」など海外向けにも配信を開始し、国内のみならず海外でも人気が高まりつつある、大注目のタイトルです。
セレブ有名人とのちょっと危険でゴージャスな恋の駆け引きが楽しめるほか、豪華インテリアで模様替えが出来る部屋アバターや、スペシャルストーリーがゲット出来るミニゲームなど、ソーシャル機能も充実しています。
恋ゲームファンだけでなく、初めて遊ぶ方にも十分に楽しんでいただけるコンテンツとなっております。

※「恋ゲーム」「恋ゲー」はボルテージの登録商標です。


リリース概要
本アプリは、ソーシャルアプリ「眠らぬ街のシンデレラ」のAndroidネイティブアプリ版です。セレブ有名人とのちょっと危険でゴージャスな恋の駆け引きが楽しめるストーリーのほか、ソーシャル機能も満載です。部屋アバターでは、豪華インテリアで模様替えができ、時々彼が遊びに来ることも!また、ミニゲームでは彼への取材で信頼度やお給料がアップしたり、担当雑誌の発行部数を上げると、スペシャルストーリーをゲットが出来るなど、ストーリーの世界観に合わせた内容になっています。ゲームスタートから9回目のログインまで豪華アイテムがもらえる、特別キャンペーンもあり、充実のコンテンツになっています。

<ストーリー>
ジャーナリストを目指すはずが、廃刊寸前ゴシップ誌の記者に!?
編集長からくだされた使命は、なんとイケメンセレブの密着取材!
取材に行ったパーティで、意識を失い、目が覚めたら・・・
『え…スイートルームのベッドの上!?』
とびきりゴージャスで、ちょっぴり危険な恋が貴女を待ち受ける…!


「恋ゲーム 」とは

CMでもおなじみ、ボルテージが2006年より提供中の、モバイルで遊べる女性向け恋愛シミュレーションゲーム。好みのシチュエーション、好みのカレを選んで、理想の恋愛ストーリーを体験することができます。App StoreやGoogle Playなどスマートフォン向けアプリストアでダウンロード可能な「スマートフォンアプリ」、GREEなどSNSプラットフォームで遊べる「ソーシャルアプリ」、また、NTTドコモなど携帯キャリアの公式メニューとして遊べる「キャリア公式サイト」として、現在全50タイトル以上を配信中。国内では、通算600万人以上が体験、2011年より海外向け英語版の配信もスタートしました。
通勤途中や寝る前のリラックスに、ゲームをやったことのない人でも小説やコミックのような世界観が手軽に楽しめる、毎日が少し幸せになる女性の為だけのエンターテインメントです。


ボルテージについて

会 社 名:株式会社ボルテージ(リンク
本 社:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー28階
代 表 者:代表取締役社長 津谷 祐司(つたに ゆうじ)
設 立: 1999年9月
事業概要 :
映像ソフト・音声ソフトの企画・製作・買付・販売 インターネットコンテンツ・コンピュータソフトの企画・制作・販売 書籍・雑誌・テレビ番組・ラジオ番組の企画・製作・販売 音楽ソフトの企画・製作・買付・販売・著作権管理


配信概要

■コンテンツ名:「眠らぬ街のシンデレラ by 女子ゲー」  
■対応機種:Android (OS2.2以上、3.0以下推奨、4.0非推奨)
※機種によりご利用いただけない場合がございます。
■料金体系:基本プレイ無料 / アイテム課金制 
■配信開始日:2013年6月20日(木)
■権利表記: (C) ボルテージ

※ 記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

■HP:リンク  

■「恋ゲーム」オフィシャルサイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事