logo

女子大学生が考える活性化案を発表します!

横浜市 2013年06月20日 13時04分
From Digital PR Platform


ヨコハマハコいりムスメプロジェクトは、入館者数減が課題となっている大佛次郎記念館の活性化を目指すため平成25年5月からスタートしました。
 女子大学生が社会課題の解決に取り組むプロジェクトを企画しているNPO法人ハナラボ、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、横浜市の3者でプロジェクトを立ち上げ、参加する女子大学生(15人)を決定し、施設の魅力探しや課題の検証などワークショップを行ってきました。
 今回、ワークショップの集大成として、女子大学生が考える大佛次郎記念館活性化案の発表会を開催しますのでお知らせします。

発表会詳細
1. 日時 平成25年6月30日(日)10:00~13:00
2. 場所 大佛次郎記念館(中区山手町113番地)1階会議室
電話:045-622-5002  
3. 発表方法・今後の展開
 今回の発表会は、女子大学生による4つのチームがそれぞれの施設活性化案を発表します。発表した活性化案は、案に賛同してもらった地域活性化の専門家にも協力してもらい、7月以降にトライアルを行う予定です。

<NPO法人ハナラボ>ハナラボ(ハナジョブ*イノベーションラボ)は、女子学生が社会課題の解決に挑むプロジェクト.。地域の課題、魅力、そして希望を見つけ、未来をつくるためのシナリオやアイデアをカタチにしています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事