logo

Barracuda Cloud LiveBoot for VMwareにより、クラウドに複製したVMwareイメージを素早く起動

Barracuda Backupにおける起動およびファイルレベルのリストア機能を拡張し、重複排除されたバックアップイメージをダイレクトにバラクーダクラウドストレージサービスにリストア

Barracuda Cloud LiveBoot for VMwareにより、クラウドに複製したVMwareイメージを素早く起動。Barracuda Backupにおける起動およびファイルレベルのリストア機能を拡張し、重複排除されたバックアップイメージをダイレクトにバラクーダクラウドストレージサービスにリストア。

カリフォルニア州キャンベル(2013年6月18日) – セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるBarracuda Networks Inc.は本日、Cloud LiveBoot for VMware機能を備えたBarracuda Backupバージョン5.2のリリースを発表しました。新バージョンでは、Barracuda Backup LiveBootリカバリテクノロジの活用範囲をクラウドにまで拡張し、重複排除されたストレージからダイレクトにデータを取り出すことにより、クラウドに複製したVMwareイメージを必要に応じて立ち上げ、稼動開始させることができます。この新機能は、現在Barracuda Backupをご利用中で、インスタントリプレースメントサブスクリプションがアクティブのお客様に関しては、追加費用なしで利用することができます。

ガイ・スーター(Guy Suter)のコメント                                                  
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)
「クラウドストレージと併せて、クラウドのVMwareバックアップをリカバリできる手法を備えたバックアップ製品はほとんど存在せず、存在したとしても、クラウド上の顧客ごとに特別または専用のストレージが通常必要になり、サービスのコストが飛躍的に高くなってしまいます。Barracuda BackupのCloud LiveBoot機能では、こういった障壁を取り除き、簡単な方法でVMwareソースをクラウドで稼動させ、特別な構成も不要で、重複排除されたストレージからサーバを容易に起動させることができます。」

Barracuda Backupは、物理サーバと仮想サーバの混在環境の中で、包括的なエンドツーエンドのビジネスバックアップソリューションを提供します。Barracuda LiveBoot for VMwareは、Barracuda Backup Serverの重複排除されたバックアップストレージから、ライブで仮想マシンをダイレクトに起動させることが可能で、業務の迅速な回復を実現します。Barracuda Backupバージョン5.2により、バラクーダネットワークスの仮想化インフラを活用して、Barrracuda LiveBoot for VMwareをクラウドにまで拡張することができます。さらに、システムのリカバリおよび停止時間全般を削減するために、Barracuda Cloud LiveBoot for VMwareでは、バックアップやきめ細かいリストアの有効性をテストしたり、プロダクション環境の外でアプリケーションをテストしたりできるプラットフォームが提供されます。

ジェイソン・バッフィングトン(Jason Buffington)氏のコメント                                                  
(ESG、シニアアナリスト)
「昨今の仮想化プロテクションソリューションと比較した場合、バラクーダネットワークスの真の優位性は、まずはデータをオリジナルの仮想化ホストにリカバリさせるのではなく、プロテクションストレージからVMを迅速にリストアできる点だと思います。昨今、あらゆる規模のお客様では、VMをリモートから保護し、リカバリするためにクラウドベースのDR(ディザスタリカバリ)機能を探しています。クラウドのDRアーキテクチャとインスタントリカバリ機能を組み合せることで、より俊敏なリカバリ方法を求めるお客様に対して、より多くの可能性が開かれることになります。」

ガイ・スーター(Guy Suter)のコメント                                                  
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)
「Cloud LiveBootを備えたBarracuda Backupバージョン5.2により、クラウドのバックアップデータの複製と保存といった、すでに皆様が実行していることにさらなる付加価値を提供します。クラウドのBarracuda Backup LiveBootは、リストアブラウザのWebインターフェースを通じてアクセスすることが可能で、迅速にアクティベーションを行い、数分で立ち上げ、稼動開始させることができます。それほど簡単なのです。」

Barracuda Backupバージョン5.2では、新機能の他に、引き続きBarracuda Backupで従来から搭載されている機能をご利用いただけます:

・ 広範なリストアおよび可用性のオプション - Barracuda Backupは、直感操作が可能なリストアブラウザを備えており、管理者はサーバ全体(物理または仮想)をリカバリでき、フォルダや個別ファイルを選別してシングルパスのバックアップからリストアできます。またはCopyクラウドにリストアし、Copyユーザとデータを共有することができます。
・ 弾力性に優れたリカバリリソース - Barracuda Backupとお客様のVMware環境を統合することで、リカバリされたサーバに適用されているコンピューティングリソースに柔軟性をもたらします。Barracuda Backupは、保証されたデータストレージやその復元方法に業界標準を採用しており、データストレージのコストと管理者の手間を最小限に止めます。

価格と販売
Cloud LiveBoot for VMware を含むBarracuda Backupバージョン5.2は、クラウドへのデータの複製にBarracuda Backupを利用し、エネルギー充填サービスとインスタントリプレースメントサブスクリプションがアクティブなお客様に関しては、すぐに利用開始できます。Barracuda Backupには、Barracuda Backup Serverのアプライアンスとエネルギー充填サービスのサブスクリプション(505,000円から)が含まれています。エネルギー充填サービスは、すべてのサーバおよびアプリケーションエージェントに追加費用なしで適用されます。クラウドストレージのアップグレードサービスは、すべてのモデルのバックアップサーバで購入することができます。クラウドストレージは現在、バラクーダフリークラウドサービスとして、モデル390以上お買い上げのお客様に最大1TBまで無償でご提供致します。
詳細は リンク をご覧下さい。
※Cloud LiveBoot for VMwareは、日本国内での展開時期は未定となります。

関連資料:

ブログ: リンク

ビデオ: リンク

Copy by Barracuda – Copy by Barracudaの詳細は リンク をご覧下さい。

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、世界中で15万以上の組織に対して、ユーザ、アプリケーション、そしてデータの安全を守っています。強力かつ操作性に優れたITソリューションをお求めやすい価格にて提供しており、世界中から頼れるリーダとして評価されるまでに至っています。バラクーダネットワークスの顧客中心のビジネスモデルは、セキュリティとストレージ分野における付加価値の高いサブスクリプションベースのITソリューションの提供にフォーカスしています。詳細は リンク をご覧下さい。

・本プレスリリースに記載されているBarracuda NetworksおよびBarracuda Networksロゴは、米国およびその他の国におけるBarracuda Networks, Inc.の商標または登録商標です。

* 本リリースは、米国本社が2013年6月18日に発表した内容を元に作成しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事