logo

国内初。自動車に使用される軽量新素材を採用した 省エネ自転車を発売。

ビーズ株式会社 2013年06月19日 08時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/6/18

ビーズ株式会社

国内初。自動車に使用される軽量新素材を採用した 省エネ自転車を発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)より自動車に採用される軽量新素材を採用した 省エネ自転車シリーズ G(ジー)シリーズ を発売します。

 今回弊社が発売するG シリーズは、自転車への採用は国内初となる新素材DP780 を採用しています。本製品におけるポイントは、「素材の新規性」、「新素材によりもたらされるユーザーへのメリット」の2点となります。

■ 素材の新規性について

 DP780(マンガンスチール)とは、アルミやスチールより強度に優れた新素材です。アルミと比較し約5 倍の耐久性を持ち、スチールより約10%軽量だと言われています。省エネ、エコが叫ばれる中、スチール以上の強度を保ちながら、スチールより軽く、少ない素材量で部品を構成できるため、車体の軽量化による燃費効率向上を目的とし、近年自動車の主要骨格部分に用いられている素材です。

■ 車体、ユーザーにもたらされるメリット

 DP780 を採用することでもたらされるメリットは、軽量性、強度、柔軟性の3 点。強度の問題でアルミでは表現できない細身で美麗なパイプを、スチールより軽量に仕上げることが可能です。また、スチールと比較し柔軟性に優れており、走行時の路面からの振動を吸収することで走行時の負担を軽減できます。

 本製品では、フレームにマンガンスチールを採用するだけでなく、ハンドルやクランク部分にはアルミを採用することで車体全体の軽量化を図っています。マンガンスチールの特徴である素材料を減少できることで物理的にエコを実現するだけでなく、柔軟性と軽量化により「乗り心地」を向上させることで「人に対するエコ、省エネ」も実現しています。



【製 品 名】 G20 Basal(t バサルト)、G20 Icefall( アイスフォール)、G20 Meteorite(メテオライト)、G20 Black Widow(ブラックウィドウ)
【重量】 Basalt、Icefall:10.1kg、Meteorite :10.0kg、Black Widow :10.3kg
【価格】 いずれもオープンプライス。Basalt、Icefall:35,000 円(税込)、Meteorite、Black Widow :36,500 円(税込)※参考販売価格
【タイヤサイズ】 20×1.2 インチ   
【製品ページ】  リンク


< 関連製品 > 8 月下旬発売予定 マンガンスチール採用 700c 大径自転車 G700

Gシリーズとして 8月に大径モデルを発売予定です。

【製 品 名】 G700 Era.(イーラ)、G700 contrail( コントレイル)、G700 infec(t インフェクト)
【価格】 いずれもオープンプライス。
【発売日】 8 月下旬予定



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。